【インタビュー】「ドラキュラ」キム・ジュンス「コロナ禍で公演できることに感謝」


  • 類まれなるチケットパワーを誇るキム・ジュンスはミュージカル『ドラキュラ』に初演から4シーズンに渡り出演している。提供 C-JeSエンターテイメント

「昨年、新型コロナウイルスのために公演が中止になったり、大小のことがありました。その時には今年を期待していたのですが…。まだ良い状況ではないのが残念ですが、舞台で公演できることに感謝しています。『ドラキュラ』の俳優たちが新型コロナウイルスに感染して、誰もが心配をしました。防疫も徹底的にしています。舞台の上で公演をしながら観客に会うことがとても大切だということを、改めて肌で感じています」

歌手でミュージカル俳優のキム・ジュンス(34)は紆余曲折の末、ミュージカル『ドラキュラ』で観客と会っている。俳優ソン・ジュンホが新型コロナウイルス感染確定の判定を受け、彼と一緒にスケジュールを進行したキム・ジュンスは陰性判定を受けたものの、2週間の隔離を経てから日常に復帰した。以降、シン・ソンロク、チョン・ドンソク、カン・テウルが隔離後の再検査で感染の判定を受けた。彼らは全員が完治判定を受けた。『ドラキュラ』は当初、5月18日に開幕する予定だったが、5月20日に初日が変更されて観客と会っている。

ミュージカル『ドラキュラ』はアイルランドの小説家ブラム・ストーカー(Bram Stoker)の同名小説を脚色した作品で、千年の歳月のあいだ一人の女性だけを愛したドラキュラの話を描く。2014年の歴史的な韓国初演の舞台を皮切りに、4シーズンに渡って観客と会っている。

キム・ジュンスは初演の舞台から毎シーズン『ドラキュラ』と縁を結んでいる。彼は「毎回公演するたびに本当に最善を尽くしている」とし「4シーズン目なので余裕もできた。また突然これまで持っていなかった疑問を抱くこともある。だから公演をしながら質問に対する答えを探そうとしているようだ。変化をキャッチすることさえも公演の醍醐味であるようだ」と話した。

  • キム・ジュンスは「観客が求めるなら、いつまでも『ドラキュラ』に出演したい」と希望した。提供|C-JeSエンターテイメント

キム・ジュンスは毎シーズン、大胆なビジュアルと爆発的な歌唱力で舞台を圧倒し「シャキュル(XIAとドラキュラを合わせたもの)」という愛称で呼ばれている。特に初演から守っている赤く染めた髪は彼だけのシグネチャとも言える。

キム・ジュンスは「なんだかんだで初演からずっと髪を赤くしてきました。赤い髪を維持しながら数カ月間にわたって公演をするのは簡単なことではありません。色がよく落ちて一週間に一度ほどは髪を染めなおさないといけないし、枕にも赤い色が移って困ってしまいます」と「赤い髪で公演する姿を見て観客の方がたくさん喜んでくださり、また赤い髪をやめたら初心を失ったような感じになりそうで維持しています」と明らかにした。

キム・ジュンスは2010年『モーツァルト!』でミュージカルにデビューした後、『エリザベート』、『ドラキュラ』、『デスノート』、『ドリアングレイ』など出演作品ごとに優れた歌の実力とカリスマ、輝く個性的なキャラクターを構築して空前絶後のチケットパワーで作品の興行を導いて韓国ミュージカル界の底辺拡大を導いた独歩的な俳優だ。

特に『ドラキュラ』の生きた伝説であり、誰にも置き換えることができない「シャキュル」として、また最高の俳優としての真価を証明している彼は「『ドラキュラ』は現実的な話ではなく、ドラキュラというファンタジー的な要素の話を扱った作品です。ミュージカルとファンタジーのジャンルが出会ったとき、どのメディアよりも大きな力を発揮できると考えています。キャラクターが与えるミステリアスな感じがミュージカルで大きな相乗効果を出すと思います」と語った。

シーズンごとにチケットパワーを証明して名声を上げているキム・ジュンスの『ドラキュラ』はいつまで続くのだろうか。「老人の扮装をあえてしなくてもよくなるまで、一生懸命にやってみたいと笑い話をしたことがあります。観客が私を呼んでくれるなら、いつまでも毎回参加したい作品です。健康を維持して、頑張って舞台に上がります」
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-23 15:18:05