パク・ソジュン、マーベル合流が既成事実化 アマデウス・チョ演じるか


  • スタートゥデイDB

俳優パク・ソジュンの『キャプテン・マーベル』続編への出演が既成事実化された。

米国最大の映画情報サイトであるIMDbは最近、『The Marvels』出演者リストを公開した。パク・ソジュンはブリー・ラーソン、ゾウイ・アシュトン、テヨナ・パリス、イマン・ベラーニと一緒にメインキャストとして登録されている。

30日(現地時間)、米国映画専門メディア「スクリーンラント」は、「キャロル・ダンバース、モニカ・ランボー、カマラ・カーンは『キャプテン・マーベル』続編の唯一のマーベルではないかもしれない」とし「パク・ソジュンのキャラクターまで4人組かもしれない」と報道した。

続いて「公式のタイトルが『The Marvels』である『キャプテン・マーベル』の続編はコードネーム「マーベル」である女性ヒーローの話を中心に描かれる」とし「パク・ソジュンが韓国系アメリカ人の10代の英雄「アマデウス・チョ」役を引き受けたものとみられる。メインのヒーローや悪役を演じる可能性も高い」と付け加えた。

「アマデウス・チョ」は映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で女優スヒョンが演じたヘレン・ジョーの息子だ。ハルクのサイドキックであり、明晰な頭脳を持ったキャラクターだ。

先立って所属事務所は『The Marvels』出演について「ノーコメント」としたが事実上、出演が確実視されている。

『The Marvels』は2022年11月11日、北米で公開される予定だ。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-07-30 11:49:25