「恋愛体質」のチョン・ウヒ、チュ・ジフン所属のH&エンタと専属契約


  • H&エンターテイメント

チョン・ウヒがH&エンターテイメントと専属契約を締結した。

4日、H&エンターテイメントのホン・ミンギ代表は「デビュー後、これまで独歩的な演技力で大衆に愛されてきたチョン・ウヒを新しい家族として迎えることになった」としながら「多彩なプラットフォームを介して国内だけでなく海外でも活発な活動を行う時代であるだけに、ドラマ、映画など、チョン・ウヒが自分の演技のスペクトラムを無限に広げることができるよう最善を尽くして支援し、支持する」と明らかにした。

2004年、映画『恋する神父』でデビューしたチョン・ウヒは映画『サニー 永遠の仲間たち』で存在感を誇り大衆に名前を知らせた。以後、2013年の映画『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』で青龍映画賞、百想芸術大賞をはじめ全州国際映画祭、韓国映画評論家協会賞、ディレクターズ・アワードなどで主演女優賞を受賞して合計13冠という前例のない記録を残して映画界に歴史を残した。

以後、映画『カート』、『ビューティー・インサイド』、『愛を歌う花』、『哭声/コクソン』など、大型の作品で自分が引き受けたキャラクターを現実でも存在する人物であるかのように生き生きと表現し、リアルな演技力で代替不可能な俳優であることを証明した。

特にJTBCドラマ『恋愛体質 ~30歳になれば大丈夫』ではドラマ作家であるイム・ジンジュ役でロマンスとコメディの両方を消化して人生を代表するキャラクターを誕生させた。

最近、映画『雨とあなたの物語』で観客と会ったチョン・ウヒは「スマートフォンを落としただけなのに」がクランクアップし、現在は次期作を検討中だ。

チョン・ウヒが専属契約を締結したH&エンターテイメントはチュ・ジフン、イン・ギョジン、チョン・リョウォン、ソン・ダムビ、ソ・イヒョン、アン・チャンファン、ハン・ボルム、ユン・バク、チョン・インソン、クリスタル、クァク・ドンヨン、カン・ミナ、ユン・ジョンソク、パク・ヘウン、イ・ソなどが所属している新生マネジメント会社だ。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-08-04 10:04:17