ソン・イェジン&チョン・ミド&キム・ジヒョン、「三十、九」出演決定 3人が友人に


  • MSTeam Entertainment、Bistus Entertainment、VIBE actors

ソン・イェジン、チョン・ミド、キム・ジヒョンが39歳を生きる3人の友人として出会う。

40歳を目前にした3人の友人の友情と愛、人生に対する深みのあるストーリーを扱う現実ヒューマンロマンスJTBC新ドラマ『三十、九』(脚本ユ・ヨンア、演出キム・サンホ、制作JTBCスタジオ、ロッテカルチャーワークス)がソン・イェジン、チョン・ミド、キム・ジヒョンのキャスティングを確定し完璧な組み合わせで期待感を高める。

『三十、九』は高校2年生のある日、偶然なきっかけで出会った同い年からいつの間にか40歳を一緒に眺める39歳の友達の平凡だが心配事が絶えない日常を描く。予期せぬ瞬間、大切な縁を結ぶことになった彼女たちは、ある日再び予期せぬ出来事に出くわし、いつになく胸が熱くなる39歳の一日を生きていく。果たしてどのような運命が彼女たちを待っているのか、2022年上半期を美しく胸を詰まらせる3人の女性の波乱万丈の39歳の話が気になる。

まずソン・イェジンは劇中で江南(カンナム)皮膚科院長のチャ・ミジョ役を演じる。優しい父親と寛大な母親、性格の良い姉の間で裕福に育った人物で時にはクールウォーターの香りが漂う39歳の女性を表現する。深みのある演技で大衆の愛と信頼を受けているソン・イェジンがチャ・ミジョというキャラクターをどのように完成させるのか、もう一度お茶の間を魅了させる彼女の演技が待ち遠しい。

ソン・イェジンとともにもう1人の39歳の人生を見せてくれるチョン・ミドは演技講師のチョン・チャンヨン役を演じる。女優の夢を抱いて駆けつけたが、思うようにうまくいかず演技講師になった人物だ。吐き出す荒々しい言葉の中には、いつも真心がこもっており毒舌を吐いても憎くない。果たして彼女の39歳はどんな出来事で満たされるか、チョン・チャンヨンのキャラクターを通じて人生のキャラクターを新しく描くチョン・ミドの変身も注目されている。

最後に、キム・ジヒョンがデパートのコスメティックマネージャーであるチャン・ジュヒ役を演じる。チャン・ジュヒキャラクターは気が小さい性格の持ち主で40歳になるまでまともな恋愛をしたことがない。すべてに時があるというが30代の端に立った今は良いことを期待してもいいのか、キム・ジヒョンが演じるチャン・ジュヒのキャラクターにも注目が集まっている。

『三十、九』はソン・イェジン(チャ・ミジョ役)をはじめ、チョン・ミド(チョン・チャンヨン役)、キム・ジヒョン(チャン・ジュヒ役)までドラマ、映画、演劇、ミュージカルなどで独歩的な演技を披露してきた3人の女優の出会いだけでも関心が集まる。

特に韓国ドラマの新しい記録を書き出したソン・イェジンと大勢の女優に生まれ変わったチョン・ミド、ミュージカル界の「信じて見る女優」で著名なキム・ジヒョンで仕上がった幻想的な3人の友人ラインナップは、彼女たちが作り出す演技シナジーはもちろん、ケミストリーに対する期待感を高める。ここに『ボーイフレンド』を執筆したユ・ヨンア作家と『れでも僕らは走り続ける』を演出したキム・サンホ監督の意気投合まで加え見る人の感性と共感を刺激する現実ヒューマンロマンスドラマの誕生を予告する。

JTBCの新ドラマ『三十、九』は2022年上半期に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2021-08-04 10:12:19