ソ・ガンジュンの事務所「悪質ネットユーザーを告訴し現在、捜査中」


  • スタートゥデイDB

Man Pf Creationが悪質ネットユーザーに対する法的対応の進行状況を公開した。

俳優のソ・ガンジュン、カン・テオ、イ・テファンの所属事務所、Man Pf Creationは11日、公式の立場を通じ「当社は各種SNSプラットフォームとオンラインコミュニティを通じて自社のアーティストに対する虚偽事実の流布、名誉毀損、人身攻撃、プライバシーの侵害、セクハラなど悪質な掲示物の作成者を対象に定期的な法的対応に乗り出している。これに関する進行状況について申し上げる」と明らかにした。

さらに「今年4月には法務法人のジェハを通じてTwitterやコミュニティで所属アーティストに対する悪意ある誹謗掲示物について関連資料を収集しソウル中央地方検察庁に告訴状を提出しており現在、悪質な掲示物を載せている人を特定するための捜査が進行中だ」と伝えた。

Man Pf Creationは「当社は独自のモニタリングおよびファンの皆様から寄せられた資料を基にSNSやコミュニティ上の悪質な掲示物を多方面に注意深くモニターしており悪質なネットユーザーたちが強力な法的処罰を受けることができるよう厳重に法的措置を取る」とし「今後も当社は悪質な掲示物について長期的な刑事告訴および民事上損害賠償請求などの強い法的措置を進め根絶に向けて努力していく」と法的対応をとる考えを明らかにした。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2021-08-11 09:58:20