チョン・ヘイン「D.P.」のセット場がリアルすぎて「また入隊した気分に」


  • スタートゥデイDB

俳優チョン・ヘインが「D.P.」を撮影しながら再び軍に入隊するような気持ちになったと話した。

23日に韓国で放送されたSBSパワーFMのラジオ番組『パク・ハソンのシネタウン』には、Netflixオリジナル『D.P.』で主演するチョン・ヘインとク・ギョファンがゲストとして出演した。

同日、あるリスナーが「チョン・ヘインさんは『D.P.』のために髪を短くしたとき、どんな気持ちだったか」と尋ねた。チョン・ヘインは「髪を切るとき軍に入隊した記憶が再び浮かんだ。一方では本当に作品に「溶け込むんだ」と感じた」と答えた。

チョン・ヘインは「最初に髪を切って軍服を着て撮影を行ったとき、モニタリングをしながらスーパーリアリズムなセット場に鳥肌が立った。ロッカー、室内、小物などが本当にリアルで鳥肌が立つほどだった」とし「軍隊に行ってきた方々は軍除隊後、再び入隊する夢を見るが、そんな気分だった」と表現した。

これはにDJパク・ハソンは「『本当の男』で行ってきた私もその夢を見続けるのに、チョン・ヘインはどれほど大変だろうか」と共感した。

一方、チョン・ヘインとク・ギョファンが出演するNetflixオリジナル『D.P.』は脱走兵を捕まえる軍務離脱者逮捕組(D.P.)のジュノとホヨルが様々な事情を持つ人物たちを追って、そこで知らなかった現実に直面する話だ。27日に公開される。

  • SBSパワーFM

  • イ・ジヨン スタートゥデイ インターン記者
  • 入力 2021-08-23 11:32:23