BLACKPINK、デビュー曲「WHISTLE」MVの再生回数が7億回突破


  • YGエンターテインメント

リサのソロタイトル曲「LALISA」に向けた世界のファンの関心が高まっている中、BLACKPINKのデビュー曲「WHISTLE」のミュージックビデオも再生数7億回を突破した。

YGエンターテインメントが12日に発表したところによるとBLACKPINKのミュージックビデオ「WHISTLE」は、この日午前8時53分ごろ、YouTubeで再生数7億回を超えた。

これでBLACKPINKは「WHISTLE」をはじめ、「DDU-DU DDU-DU」(16億回)、「Kill This Love」(13億回)、「BOOMBAYAH」(12億回)、「AS IF IT'S YOUR LAST」(10億回)、「How You Like That」(9億回)とダンス映像(8億回)、ジェニーのソロ曲「SOLO」(3億回)まで再生数7億回以上のミュージックビデオを計8本保有することになった。

「WHISTLE」はBLACKPINKのデビューシングル「SQUARE ONE」のダブルタイトル曲の1つだ。ミュージックビデオはカラフルで洗練された映像美として注目を集めた。またメンバーたちの華やかなビジュアルと独特なメロディーで世界中の音楽ファンの目と耳を魅了した。

この曲は音源が発表されるやいなや韓国の主要音源サイトのリアルタイム、日間、週間チャートで16日間連続首位に立った。また当時、新人としては異例に海外14か国のiTunes1位を占めた。

計29本の億台の再生数の映像を保有するBLACKPINKのYouTubeチャンネル登録者数は現在6600万人以上だ。リサのソロシングルアルバム発表後、チャンネル登録者が爆発的に増えており世界アーティスト1位に躍り出た。BLACKPINKのチャンネルが開設されて約5年3月ぶりの大記録だ。

また今月10日の午後1時に公開されたリサのシングルアルバムタイトル曲「LALISA」のミュージックビデオは現在1億回近くまでヒットした。K-POPソロアーティストでは最短時間内で1億回突破が確実視される。また「LALISA」の音源は発売初日に計60か国のiTunesソングチャートで首位に立った後、累積1位の地域を65か国にまで拡大した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-09-12 10:03:25