赤頬思春期 アン・ジヨン、10カ月ぶりに近況を報告「心も体もつらかった」


  • スタートゥデイDB

赤頬思春期のアン・ジヨンが活動停止から10カ月ぶりに近況を公開した。

アン・ジヨンは14日、公式ファンカフェに「こんにちは。LoBoly(ファンクラブ)」というタイトルのコメントを投稿した。アン・ジヨンは「何度も勇気を出す機会をうかがっていたのですが、誕生日である今になってようやくこうして伝えます」と話を切り出した。続いて「ちょっと恥ずかしくきまりが悪いのですが、しばらくの間、元気に過ごすことができずにいました」とし「とても疲れていたし、体も心もとても大変でした。4年間、これほど熱心に走ってきて良い結果を作れたので、これぐらいで十分だとも考えました」と大変だった日々を回想した。

アン・ジヨンはまた「それでも今まで病院にも通い続けて、薬をきちんと飲んで、皆さんのそばに行こうと私なりに努力しています」とし「また周りの多くの人が助けてくれたおかげで再び日常を取り戻しつつあります」と付け加えた。

アン・ジヨンは「真っ暗な暗闇の中で一人だと感じるときにも、皆さんがそばにいることを慰めにして、すべての瞬間を堪えてきたようです」とし「時々私はこれほど大きな愛をもらってもいい人なのかと思います。それほど私のそばにいて、私を立ち上がらせてくれた素晴らしい人々です。ありがとう」と感謝する気持ちを表わした。

昨年11月、アン・ジヨンの所属事務所Shofarミュージックは「アン・ジヨンが悪化した不安症状によりしばらく活動を定期的に消化しにくいと判断した」と活動を暫定的に中断するという立場を明らかにした。続いて、「アン・ジヨンは今年上半期から頻繁な健康の悪化と心理的な不安症状により専門医療機関を訪問し、心理療法と薬の処方を通じて治療を受けてきた」とし「アン・ジヨンが健康を回復するために最善の努力を尽くす」と説明した。

先立って昨年4月に赤頬思春期として一緒に活動していたウ・ジユンが脱退した後、2人がSNSのフォローを外したことが知られて不仲が噂された。以降、ウ・ジユンの新曲がアン・ジヨンについての話だというネットユーザーの憶測に加え、2人がSNSなどでお互いについてコメントするなど不仲が事実だと明らかになり、ファンを切なくさせていた。
  • キム・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-09-14 13:11:16