ハン・ソヒ、Netflix『マイネーム』のリアルなスチールカットが公開


Netflix『マイネーム』が荒々しくリアルなスチールカット第一弾を公開した。

父親を殺した犯人を探すために組職に入ったジウが新しい名前で警察に潜入した後、向かい合う冷酷な真実と復讐を描いたNetflixシリーズ『マイネーム』がアクションノワールジャンルの魅力が目立つスチールカットを公開した。

公開されたスチールカットには17歳の誕生日に父親の死を目の前で目撃したジウ(ハン・ソヒ)が自ら犯人を探すために父親の長年の友人であり、東天派のボス、ムジン(パク・ヒスン)を訪れる決定的な瞬間が描かれていて注目を集めている。復讐のために組織に入るようになったジウは、獣の世界のような場所で生き残るために絶えず自分を磨き続ける。

ショートヘア、レザージャケットをはおったジウに変身したハン・ソヒは、これまで見られなかった新しい姿で視線を引く。特に傷だらけの顔でボクシンググローブをはめたままムジンに立ち向かうジウの姿は『マイネーム』に登場するハン・ソヒの変身とリアルなアクションに対する疑問を投げかける。

ハン・ソヒは「深刻な運動音痴だということを初めて知った。アクションスクールを月、火、水、木、金とすべて通ううちに次第に変化し完璧に呼吸を終えた時は快感で楽しく撮影した」と難易度の高いアクションを消化するために不断の努力をしたことを伝えた。キム・ジンミン監督も「ハン・ソヒさんが自ら解決策を見出したようだ。自分が何をすればいいのかという悩みをとても一生懸命にして現場に出てそのまま撮ることができた」とし、骨身を惜しまずアクションに臨んだハン・ソヒに対する称賛を惜しまなかった。

ムジンの提案でジウの名を捨ててオ・ヘジンとなり警察に潜入したジウは、父の死にまつわる秘密を探るため孤軍奮闘する。

組織とはまた別の警察世界で生き残るためアンダーカバーの役割を果たすジウは毎瞬間、冷酷な真実に向き合うことになる。

ジウの感情が揺れるたびにキャラクターに溶け込んだハン・ソヒが披露するディテールな感情演技は視聴者の心を捕らえるだろう。毎回驚くべき結末と手に汗握る緊張感を与える『マイネーム』はアクションノワールジャンル的な面白さと共に密度の高いドラマを披露する予定だ。

ハン・ソヒの強烈な変身で好奇心を刺激する『マイネーム』は10月15日にNetflixで全世界190か国で公開される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-09-14 11:05:03