「ク・ギョンイ」イ・ヨンエ、台本の読み合わせ現場が公開


  • JTBC

女優のイ・ヨンエのドラマ復帰作『ク・ギョンイ』の台本の読み合わせ現場が公開された。

10月に初放送されるJTBC新土日ドラマ『ク・ギョンイ』(演出イ・ジョンフム、脚本ソン・チョイ、制作キーイースト、グループエイト、JTBCスタジオ)はゲームも捜査も制止されると我慢できない元警察官ク・ギョンイのコミカルなハードボイルド追跡劇だ。大韓民国を代表する女優のイ・ヨンエが4年ぶりにドラマ復帰作に選択し多くの話題を集めた作品で視聴者の期待を高めている。

『ク・ギョンイ』は次元の異なる独特でユニークなジャンルの誕生を予告する。イ・ヨンエは今まで見たことがない探偵ク・ギョンイ役を演じ演技変身を見せる。ここに『操作 隠された真実』、『誰も知らない』で繊細で没入感のある演出世界を繰り広げたイ・ジョンフム監督がメガホンを取り、韓国芸術総合学校出身の期待のルーキーたちが集まる共同作家チームの脚本家であるソン・チョイが脚本を担当しシナジーを生み出す。。

今年5月に行われた台本の読み合わせにはイ・ジョンフム監督、ソン・チョイ作家をはじめ、イ・ヨンエ、キム・ヘジュン、キム・ヘスク、クァク・ソンヨン、ペク・ソンチョル、チョ・ヒョンチョル、イ・ホンネなどの俳優が初めて一堂に会し演技の呼吸を合わせた。サスペンスとコメディを行き来する展開の台本は最高な没入度を与え個性あふれるキャラクターを表現した俳優の演技は、読み合わせ現場を熱く盛り上げた。

「疑う人」を演じるイ・ヨンエは4年ぶりにドラマ復帰という言葉が色あせるほど完璧にキャラクターに溶け込みドラマを引っ張る。イ・ヨンエはゲームとお酒が世界の全てである警察出身の保険調査官のク・ギョンイを興味深く描いていった。ダークさとコミックさが込められた演技で決して平凡ではないク・ギョンイを完璧に演じ「優雅さの代名詞」イ・ヨンエの見たことのない変身を期待させた。

Netflixの『キングダム』シリーズで浮上した新鋭キム・ヘジュンは劇中のク・ギョンイと特別に絡むミステリーな大学生ケイ役を演じて注目を集めた。キム・ヘジュンは明るく微笑むケイの姿と本心が分からない疑わしいケイの行動を描きながら妙な魅力を発散した。

修飾語の要らない演技派俳優のキム・ヘスクは、以前の役柄が思い浮かばない大変身を予告して視線を集中させた。奉仕寄付財団理事長のヨン局長役を演じたキム・ヘスクは温かくて慈愛に満ちた顔をしているが、人並み外れたオーラを漂わせるヨングク長を描き出し人々を圧倒した。

最近、頭角を現している人気俳優たちの活躍も注目を集めた。クァク・ソンヨン、ペク・ソンチョル、チョ・ヒョンチョルは「ク・ギョンイチーム」として一緒に参加する。クァク・ソンヨンは、ク・ギョンイの元警察官の後輩であるNT生命調査チーム長のナ・ジェヒ役を、ペク・ソンチョルはク・ギョンイの助手に抜擢されたゲームパーティーの一員であるサンタ役を、チョ・ヒョンチョルはク・ギョンイの同僚であるNT生命調査官のキョンス役を演じ愉快なコンビネーションを予告した。

イ・ホンネは、ケイの助っ人で多少不良に見える人物のコンウク役を演じ強烈な印象を残した。

イ・ヨンエは「この台本を読んで私がやらなければと思いました」と話し『ク・ギョンイ』に人一倍情熱を表したという。『ク・ギョンイ』の制作陣は「『ク・ギョンイ』はこれまで見たことがない探偵ク・ギョンイが繰り広げるハードボイルドコミック追跡劇だ。これまでに見られなかったユニークな楽しさをお届けするので、たくさんの期待をお願いしたい」と伝えた。

台本の読み合わせだけで期待を膨らませたJTBCの土日ドラマ『ク・ギョンイ』は10月に初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-09-16 10:38:53