キム・スヒョン&チャ・スンウォン、ドラマ「ある日」が11月初めに公開


  • COUPANG PLAY

最初のCOUPANG PLAYシリーズ『ある日』のキム・スヒョンとチャ・スンウォンがウェルメイド犯罪ドラマの序幕を開く「第1弾ポスター」を公開した。

今年11月に公開される最初のCOUPANG PLAYシリーズ『ある日』(演出イ・ミョンウ、制作ザ・スタジオエム、チョロクヘビメディア、ゴールドメダリスト)は平凡な大学生から一夜で殺人容疑者になった大学生と真実を問わない三流弁護士の熾烈な生存を描いた8部作の犯罪ドラマだ。

何より『ある日』は国内外を魅了する独歩的な俳優キム・スヒョンとチャ・スンウォン、『熱血司祭 - カルチュア・パブリッシャーズ』と『パンチ〜余命6ヶ月の奇跡~』などで感覚的な演出力を認められたイ・ミョンウ監督が出会い大衆の関心を集めている。『ある日』でキム・スヒョンは平凡な大学生だったが一晩で殺人容疑者になったキム・ヒョンス役を演じ、チャ・スンウォンは一瞬にして殺人容疑者になったキム・ヒョンスに唯一手を差し伸べる弁護士シン・ジュンハン役を演じ熱演を繰り広げる。

これに関連し『ある日』のキム・スヒョンとチャ・スンウォンが冷たい鉄格子の中で手を取り合っている。危なげなツーショットが収められた「第1弾ポスター」が登場した。留置場の服を着た無気力なキム・ヒョンスにシン・ジュンハンが手を差し伸べた後、2人が両手を握ったままそれぞれ違う強烈なまなざしを見せている。特に一瞬にして人生が揺れた平凡な大学生のキム・ヒョンスが、もう一方の手を固く握って意志を表出するのに対してシン・ジュンハン人はもう一方の手で名刺をこっそり取っていて意味深長な雰囲気を醸し出している。

さらに重いながらも冷たい色を背景にキム・ヒョンスの切ないまなざしとシン・ジュンハンのまなざしが交差しながら歪んだ正義と沈んだ真実を暗示している。四方を取り囲む鉄格子のように法の枠の中に閉じこめられた人間たちの利己心と多様な心理を発現する『ある日』で果たして2人はどんな熾烈な話を伝えるか帰趨が注目される。

制作陣は「『ある日』は司法刑事制度の矛盾に正面から挑戦する鋭いディレクティングカットが目立つ。問題的な視線を盛り込んだ希代の話題作だ」とし「正道と正義よりも自分の便宜と安危を先に考える混乱したこの時代に必ず見るべきドラマで重いメッセージを盛り込んだ」と伝えた。

また、キム・ソンハン·COUPANG PLAY総括ディレクターは「COUPANG PLAYの最初のドラマシリーズを披露することになった」とし「WOW会員にキム・スヒョン、チャ・スンウォン俳優の名作をプレゼントできて嬉しい」と伝えた。

一方、最初のCOUPANG PLAYシリーズ『ある日』は11月にCOUPANG PLAYを通じて公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-09-16 15:25:05