MONSTA X、米国「Good Day New York」出演「世界のファンに会いたい」


  • 「Good Day New York」放送画面キャプチャ

グループMONSTA Xが海外のファンに会えない悔しさを米国のトークショーで慰めた。

MONSTA Xは今月16日(現地時間)に放送されたアメリカFOX5チャンネルの有名トークショー『Good Day New York』に出演した。

この日、「Good Day New York」のインタビューでMONSTA Xは新曲「One Day」を紹介した。「MONSTA Xはいつも完璧」というロザンナ・スコット(Rosanna Scotto)の好評の中、I.Mは「全メンバーが心に傷を負ったような感じで録音した。この曲の歌詞とムードがあるので完璧に没入できるよう努力し、みんなが別れを経験した気持ちで録音を進めた」とビハインドを発表した。

続いてMONSTA Xは「One Day」は 別れに関する曲だ。タイトル自体がこれによる傷と消えない思いをいつかは克服することができ、もしかしたら再び愛を感じることができると話している」と説明した。

また、なぜ「One Day」を英語で発売したのかについてのロザンナ・スコットの質問にMONSTA Xは「各国にいるファンともっとコミュニケーションしたくて、もっと近づきたい気持ちで英語で音源を発売した。

今すぐには会えなくても音楽でコミュニケーションしたいという気持ちで制作した」と話し会えなかった各国のファンに対する格別な愛情も表した。

その他にも近況や趣味、新型コロナウイルスが緩和されれば希望しているアメリカツアーに対する期待など多彩な話を交わしながらインタビューを終えたMONSTA Xは2018年と2020年以降3回目の『Good Day New York』に参加し世界の音楽ファンの熱い関心を証明した。

これに先立ち「One Day」の発売と同時に米国の有名音楽番組『MTV Fresh Out Live』でライブステージを披露したMONSTA Xは新型コロナウイルスで海外に行けない状況にもかかわらず様々な海外人気番組に出演しKーPOPの代表らしい歩みを続けている。

現在、MONSTA Xは音楽活動をはじめ、ミニョクはNAVER NOW.の『ポグシプショー』、ヒョンウォンとジュホンはMBCラジオ『アイドルラジオシーズン2』、キヒョンとI.MはNAVER NO.の『深夜アイドル』など特別な個人活動を展開し、毎週全世界のファンとの出会いを続けている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-09-17 13:28:51