防弾少年団ジミン、ポリオ患者のために1億ウォンを寄付


  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団のジミンがポリオ(急性灰白髄炎)患者のために1億ウォンを寄付した。

今年7月、ジミンが非営利ボランティア団体「国際ロータリークラブ」(Rotary International)第3590地区に1億ウォンを寄付したことが明らかになった。

あるファンによって偶然、ジミンの寄付事実が発見されSNSに知られるとファンは「THANK YOU JIMIN」、「CHARITY ANGEL JIMIN」のトレンドキーワードで尊敬と感謝の気持ちを表現した。

これに対しWHO(世界保健機関)ソーシャルメディア責任者のSari Setiogi Griberg氏は「ポリオワクチンは1988年以降99%以上減少し毎年わずか数百件に過ぎない」とし、ジミンの寄付ニュースを引用し「私たちはこの疾病を歴史に残すことができる機会を得た」と感謝を伝えた。

ジミンは後輩たちのために全校生徒1200人の机と椅子の交換する教育費支援に続き、釜山(プサン)教育庁に1億ウォンを寄託して低所得層の生徒を支援し全羅南道(チョルラナムド)教育庁に1億ウォンの寄付金を渡し全羅南道地域の芸術分野の優秀人材養成の先頭に立つなど多様な寄付善行を展開している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2021-09-22 15:57:04