防弾少年団、9月のスターブランド評判で1位


  • スタートゥデイDB

イム・ヨンウンが防弾少年団と共に、スターブランド評判のトップに立った。

スターブランド評判の2021年9月のビックデータの分析結果、1位防弾少年団、2位イム・ヨンウン、3位BLACKPINKの順に分析された。

韓国企業評判研究所は2021年8月21日から2021年9月21日まで測定したスターブランドビッグデータ186,566,328個を消費者行動分析を通じてスターブランドに対する参加指数、メディア指数、疎通指数、コミュニティ指数を測定した。8月のスターブランドのビッグデータ177,789,387個と比較すると5.53%増加した。

  • スタートゥデイDB

スターブランド評判分析は芸能人や歌手、トロット歌手、ドラマ俳優、映画俳優、ボーイグループ、ガールグループ、スポーツ関係者を対象に分析したブランド評判上位圏のブランドを対象にビックデータの評判アルゴリズムを通じ消費者との関係を分析したものだ。スターブランド評判指数の細部指標に加重値として推薦指数が含まれた。

その結果、9月のスターブランドの評判順位は防弾少年団、イム・ヨンウン、BLACKPINK、IU、イ・チャンウォン、ヨンタク、キム・ソンホ、ソン・フンミンの順だった。続いてユ・ジェソク、リサ、カン・ダニエル、Red Velvet、シン・ミナ、リュ・ヒョンジン、TWICE、少女時代、コンユ、キム・ヨンギョン、NCT、ジョイ、テヨン、EXO、SEVENTEEN、チョン・ドンウォン、Lovelyz、チャン・ミンホ、SHINee、ペク・ジョンウォン、Apink、アン・ヒョソプの順に分析された。

韓国企業評判研究所のク・チャンファン所長は「スターブランド評判2021年9月のビッグデータ分析の結果、防弾少年団ブランドが1位を記録した。防弾少年団ブランドは世界中のファンを中心に多様なコンテンツを通じて拡散を導いていた、イム・ヨンウンブランドはコミュニティを中心にメディアで関心を集めており、BLACKPINKブランドはYouTubeを中心に音源が多様なチャンネルで人気を集めていたと分析した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-09-21 09:46:07