T-ARAウンジョン、マネジメントKOOと専属契約を締結


  • マネジメントKOO

女優のハム・ウンジョンがマネジメントKOOと専属契約を結び意味深い再会を果たした。

マネジメントKOOは27日「女優のハム・ウンジョンと専属契約を結んだ」と発表した。続いて「ハム・ウンジョンは演技だけでなく、音楽、バラエティなど多方面で無尽蔵の才能を誇る万能女優だ。長年培ってきた厚い信頼を土台にしたウンジョンと、もう一度大事な縁を結ぶことができて、とても嬉しい。女優のハム・ウンジョンがより多彩なカラーを披露できるよう心強い同行を続けていく予定なので、変わらぬ愛と応援をお願いしたい」と伝えた。

今回の専属契約がさらに目を引く理由はハム・ウンジョンとマネジメントKOOの特別な縁のためだ。マネジメントKOOは過去、ハム・ウンジョンの演技部門のマネジメントを担当し以後10年以上の間、良好な関係を維持してきたので、もう一度その絆を続けていくことにした。

1995年にリトルミスコリア選抜大会でデビューしたハム・ウンジョンはSBSドラマ『名家の娘ソヒ』、映画『マドレーヌ』、『静かな世の中』など多数の作品に子役として出演しフィルモグラフィを積み上げてきた。その後、KBSテレビ『ドリームハイ』、映画『ホワイト:呪いのメロディー』の主演を務め、成人演技者としての変身を図った。続いてMBCの『いろいろな嫁』、KBSの『ラブリー・スター・ラブリー』、映画『アイ・ウィル・ソング』などの作品に出演し子役時代から築いてきた演技力をベースに演技のスペクトルを着実に広げ女優としての地位を固めてきた。

特に最近、KBS 1TVの『騙されても夢のうち』で3年ぶりにドラマに復帰したハム・ウンジョンは劇中の柔道館師範でありシングルマザーでもあるハン・ダバル役を演じ、たくましく主体的な姿を完璧に表現し視聴者を魅了した。

このようにジャンルを問わず多様な活動を通じて魅力を発散する「万能女優ハム・ウンジョン」が、俳優専門マネジメント会社のマネジメントKOOと会って展開する肯定的なシナジーに関心が集まっている。

ハム・ウンジョンが専属契約を結んだマネジメントKOOは、イ・ヨウォン、コ・ウォンヒ、チョン・シア、ハ・ソクジン、ミン・ドヒ、ユン・ギョンホ、ソ・ジフン、クォン・ヒョク、ペク・スジャン、オ・ヒジュン、キム・ジュヨン、ユ・インス、パク・ミヒョン、チョ・スジ、イ・テヒョン、キム・テウン、パク・ボヨンが所属するしっかりしたラインナップの俳優専門マネジメント会社だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2021-09-27 10:01:49