SMのジェシカ放出、少女時代を守るための決断だったのか



「少女時代」のジェシカがチームを去ることになった。結論的に「SM」が下した特段の措置だ。しかし、自分の意思による脱退か、他意による放出かをめぐった議論は簡単におさまらないようだ。

少女時代の所属事務所の「SMエンターテイメント」(以下、SM)は30日午後、公式報道資料を通じてこの日午前にジェシカが「ウェイボー(weibo/微博)」に掲載したメッセージに関連する立場を伝えた。

先立ってジェシカは、自分のウェイボに「近づく公式スケジュールを期待して準備していたが、会社と8人から、今日からもうこれ以上少女時代のメンバーではないという通知を受けとりました。私は少女時代の活動を優先視して積極的に専念していますが、正当ではない理由でこんな通報を受けてたいへん戸惑います」と書いて波紋を起こした。

ジェシカの主張によると、SMの今回の決定は当事者の立場に反する、通報で決定された脱退であり放出であるわけだ。

とは言え、SM側の立場は異なっている。SM側は「今年の春、ジェシカが本人の個人的な事情で当社に、これからは一枚のアルバム活動を最後にチーム活動を中断すると伝えてきました」と、ジェシカのメッセージには現れなかった背景に言及した。

SM側は、「ジェシカの突然の話にも、当社と少女時代のメンバーは少女時代のために、良い方向に活動できるように継続努力して悩んできました。しかし、最近少女時代の活動に対する優先順位および利害関係が衝突する部分に対する正確な調整が不足している状況で、ジェシカがファッション関連ビジネスを始めることになり、持続的な議論にもかかわらず、とうていチームを維持できない状況に至っています」と説明した。

ジェシカと所属事務所そして残りのメンバー8人との意見の相違が狭まらないことによって、最終的にSMとしては少女時代ではない「ジェシカ」に刀を抜くしかなかったのだ。

SM側は、「これにより当社は8人体制の少女時代の活動を、当初より前倒しすることに決定するしかなかった」とし、「その発表時期などを議論する過程で、ジェシカ本人の視角から、今日の夜明けにメッセージが掲載されました」と、ジェシカが掲載したメッセージについて解明した。

これによってジェシカがまず最初に明らかにした、彼女は「もう少女時代のメンバーではない」という点は、事実として明らかになった。双方の合意による決定ではなかった点も一緒にだ。

7年のあいだ同苦同楽したジェシカと意見の一致を見られなかった決定的な理由は、依然としてベールに包まれている。巷間ではジェシカの年内結婚の可能性が提起されたが、これに関連して明らかになったことはない。

しかし、ジェシカが明らかにした「少女時代の活動を優先して」という発言とは異なり、所属事務所側は「少女時代の活動の優先順位および利害関係が衝突する部分に対する調整が不足している状態」だったと伝えたことによって、双方の意見に乖離があったことは明らかだ。

チームワークを中心に動く多人数体制のグループ活動でこのようなきしみが長期化する場合、ダメージを被るのは少女時代だ。不和は不信を生み、これに対する明快な解明なく大衆の前に出て活動する場合、ファンの心はもちろん世論が割れる結果も少女時代が甘受しなければならなくなるだろう。

そう遠くない例として、個人の選択によってチームの活動が大きく打撃を受けた事例は、少女時代のデビュー同期である「ワンダーガールス」の現在状況に見ることができる。ワンダーガールズはメンバーのソネが結婚後の出産でチーム活動を中断した状態であり、当分のあいだワンダーガールズの活動以外の宣教など、個人的な仕事に専念するという意志を明らかにすることで、これまでの5人体制での活動がはっきりしなくなった状態だ。

ワンダーガールスの場合はソネの選択をメンバーが尊重したという点で、今回の少女時代のジェシカの場合とは少し異なる。いくつかの状況を考慮したときに、SMとしてはジェシカ個人の意志に先立って「少女時代」を選ぶしかなかったのだろう。

公式立場の末尾で、SM側は「今後、当社は8人体制の少女時代とジェシカの個人活動に対する変わらぬ支援とマネジメントを行う予定です」と付け加え、ジェシカの少女時代放出を改めて公式化することはもちろん、ジェシカとの専属契約維持の意志を残した。

しかし、巷間ではジェシカが最近契約に関する問い合わせのために弁護士と接触したという噂が流れている。いわゆる「ジェシカ事態」の爆風が来るのではないだろうか。尋常ではない「台風前夜」だ。
  • スタートゥデイ_パク・セヨン記者
  • 入力 2014-09-30 14:10:04