キム・ジュンス「高校生だったファンがママになったと聞くと年を感じる」


  • スタートゥデイDB

ミュージカル俳優のキム・ジュンスが「年を実感する時がある」と話した。

19日に韓国で放送されたSBSパワーFM『パク・ハソンのシネタウン』の招待席コーナーにはミュージカル『エクスカリバー』で戻ってきたキム・ジュンスが出演した。この日、健康上の理由で参加しなかったパーソナリティのパク・ハソンの代わりに夫である俳優のリュ・スヨンがスペシャルパーソナリティを務めた。

この日、リュ・スヨンは2004年にグループ東方神起としてデビューし17年以上活動してきたキム・ジュンスに「中堅芸能人だ。年を実感するか?」と尋ねた。

キム・ジュンスは「やはり僕たちが歌手活動をしていた時、僕たちを見て夢を育てた多くの後輩たちが活動する姿を見ると、時間がずいぶん経ったんだなと思う」と答えた。

またキム・ジュンスは「ファンが高校生だったのに、「子供が2人います」という声を聞いた時も(年齢を実感する)」と付け加えた。

ミュージカル『エクスカリバー』は古代イギリスを背景に王の宿命を持った人物が苦悩と混沌を乗り越えて成長していく姿を描く。主人公のアーサー役としてミュージカルファンの足を公演場に導く俳優のキム・ジュンス、カイ、ソ・ウングァン(BTOB)、ドギョム(SEVENTEEN)が共演し彼らは11月7日までブルースクエア新韓カードホールで観客と会う。

  • SBS『見えるラジオ』

  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ジス インターン記者
  • 入力 2021-10-19 11:54:26