「俳優K」キム・ソンホから謝罪を受けた元恋人、暴露文の投稿を削除


  • スタートゥデイDB

「俳優K」についての暴露文を公開した俳優キム・ソンホの元恋人が「謝罪してもらえた」と明らかにした後、コメントを削除した。

元恋人のAさんは20日、キム・ソンホの暴露文を投稿したポータルサイトの掲示板に「私の投稿によって多くの方々に意図せず被害を与えたようで申し訳ない」と追加文を投稿した。

Aさんは「私と彼の両方が心から愛していた時間があるのに、私の過激な文によって一瞬にして崩れる彼の姿に私も気分が良くない」とし「彼から謝罪を受け、互いに誤解した部分があったようだ」と書いた。

また、Aさんは「これ以上事実と異なる内容が知られたり、私や彼の話が拡大解釈・再生産されないことを望む。今回のことで多くの方々に大きな被害を及ぼしたようで心が重い」と付け加えた。

末尾に「この文はすぐに削除する」と締めくくり、その言葉通りにAさんは投稿を削除した。 21日午前現在、文章はもう確認することができない。

Aさんはオンライン上での無分別な個人情報の流布などが続くと、誹謗中傷と関連して法的対応を予告した。Aさんの法律代理を務める法務法人は「Aさんの個人情報が無分別に公開されている」とし「Aさんの個人情報に関する虚偽事実に基づいた非難、さらに身辺の脅威までが続いている」と明らかにした。

特に「Aさんが激しい精神的苦痛を訴えている」とし「Aさん保護のために最善を尽くし、Aさんと関連した悪質な内容の報道、投稿、コメント等については可能なすべての法的措置をとる予定だ」と発表した。

Aさんは去る17日、あるオンラインコミュニティに「人気俳優Kの二重的で恥知らずな実体を告発する」というタイトルの暴露文を投稿し、俳優Kが中絶を強要したと主張した。

「俳優K」として疑いの目を向けられたキム・ソンホは暴露文が投稿されてから4日後に所属事務所を通じて「私は彼女と良い感情で交際していた。その過程で私の不覚と思慮深くない行動により彼女を傷つけた」とし「私を最後まで信じて応援してくださるすべての方を失望させて申し訳ない」と謝罪した。

最近終了したtvNドラマ『海街チャチャチャ』に出演したキム・ソンホは私生活の暴露により事実上、広告界と放送界から追い出される雰囲気だ。KBS2の人気番組『1泊2日』からの降板が決定し、映画『悲しき熱帯』『ドッグデイズ』『2時のデート』などの出演が白紙化された。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-21 09:29:54