負傷でダンス披露できなかった防弾少年団V、ファンに謝罪「チケット代が高いのに」


  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団(BTS)のV(26)が筋肉の痛みによりコンサートでダンスを披露できなかったことをファンに謝罪、ARMYを感動させた。

Vは24日、公式ファンコミュニティWeverseに「さらにかっこよくなって戻ってきます。高価なチケットを購入されただろうに、十分にお見せできず申し訳ありません」とコメントした。

この日、1年ぶりに行われた防弾少年団のオンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」でVはふくらはぎの痛みにより椅子に座って舞台を消化した。

所属事務所のBig Hit MusicによるとVは23日のコンサートのリハーサル中、ふくらはぎの筋肉に痛みを感じて近くの病院を訪れた。その結果、医療スタッフから骨に異常はないが当分のあいだ、振り付けやパフォーマンスなど過激な動きは自制するよう言われ、ダンスを踊らずに舞台を進行することになった。

Vはオープニング舞台の直後「公演の練習をしていてリハーサルをしながら、僕がミスをした。僕は大丈夫なのでARMYの皆さんは心配しないで今日の公演を楽しんでほしい。今から始まるので最後まで楽しくなるよう僕らが努力する」と心配するファンを安心させた。

防弾少年団の「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」のチケットの価格は「HDシングルビュー」4万9500ウォン(約4800円)、「4Kシングルビュー+ HDマルチビュー+サウンドチェック」7万4500ウォン(約7200円)だ。

Vは公演中に最善を尽くしたが、ファンに完璧な姿を披露できなかったという申し訳なさから、このようなコメントを書いたと思われる。

Vのコメントを見たファンたちは「痛くて大変で悔しかっただろうに、むしろファンを心配するなんて感動」と感激した。

一方、オンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」を成功させた防弾少年団は11月27日と28日、12月1日と2日(現地時間)、米国ロサンゼルで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」オフライン公演を開催、新しいツアーシリーズを続けていく。2年ぶりのオフラインコンサートにチケット転売価格が高騰するなどファンの期待を高めている。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-25 10:17:27