T-ARA ウンジョン、KBS2の新ドラマの主演に確定 相次ぐキャスティング


  • マネージメントKOO

俳優ハム・ウンジョンがKBS2の新しい連続ドラマ『愛のクァベギ』の主演に抜擢された。

25日、ハム・ウンジョンの所属事務所のマネージメントKOOがこのように明らかにした。『赤い靴』の後続として来る12月に初放送されるKBS2の新しい連続ドラマ『愛のクァベギ』(脚本イ・ウンジュ、演出キム・ウォンヨン、制作NEOエンターテイメント)は嘘と愛のせいで人生が総体的にこじれてしまった家族の「コメディロマンスヒューマン家族物語」で、名作家族劇の誕生を予告する。

ハム・ウンジョンは劇中、主体的でしっかりしており、勝負根性のあるオンラインショッピングモール「クァベギ」のCEO、オ・ソリ役を引き受けた。自己中心的で利己的だという言葉を聞くこともあるが、人間への同情心を心の底には基本的に備えている予測できない人物だ。

ハム・ウンジョンは1日に終了したKBS1の連続ドラマ『だまされても夢心地』で劇中、柔道場の師範でありシングルマザーのハン・ダバル役を引き受けて、たくましく主体的に生きる姿を自然に演じて好評を博した。

続いて俳優専門マネージメント社であるマネジメントKOOとの再会を発表したハム・ウンジョンが作品出演への知らを相次いで伝えてファンを喜ばせている。

ハム・ウンジョンが主演を引き受ける『愛のクァベギ』は『赤い靴』の後続として来る12月に初放送される予定だ。
  • ソン・ジョンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-25 10:41:57