防弾少年団の「PTD」と「DNA」、日本レコード協会からプラチナ認定


  • スタートゥデイDB

グループ防弾少年団が日本レコード協会から2曲に対して新たに「プラチナ」認定を獲得した。

防弾少年団の「Permission to Dance」と「DNA」が去る25日、日本レコード協会が発表した9月の「プラチナ」認定作品リストに名を連ねた。

「Permission to Dance」と「DNA」は2曲とも累積再生回数が1億回を突破してプラチナ認定された。

去る7月9日に公開された「Permission to Dance」は軽快でエキサイティングなダンスポップジャンルの曲で、「ダンスは心が行くままに許しを得ずに存分に踊ってもいい」というメッセージが込められた曲だ。

「DNA」は2017年9月に発売された『LOVE YOURSELF 承 Her』のタイトル曲で、エレクトロポップベースの中毒的な口笛の音とアコースティックギターサウンドが調和する曲だ。

日本レコード協会は曲の累積再生回数に応じてシルバー(3000万回以上)、ゴールド(5000万回以上)、プラチナ(1億回以上)、ダイヤモンド(5億回以上)に分けて毎月認定曲を公式ホームページを通じて発表する。

一方、防弾少年団のシングル「Butter」が累積出荷量25万枚を突破し、アルバム部門で日本レコード協会7月の「プラチナ」認定作品となった。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-26 08:57:32