少女時代テヨン、原野商法に騙され10億ウォンの被害 コメディアンが投資を誘う


  • スタートゥデイDB

少女時代のテヨンが2500億ウォン(約250億円)ほどの土地投資詐欺事件に巻き込まれ、10億ウオン(約1億円)の被害を受けた。

韓国メディアのYTNは去る28日、ガールグループに所属している有名韓流スターAさんが2500億ウォンほどの土地投資詐欺事件で被害を受けた事実を確認したと報道した。また、警察が確認した被害者だけで3000人に達し、放送局のKBSに所属していたコメディアンを動員して富裕層の投資を誘導したことが明らかになったと伝えられた。

報道によるとAさん側は2019年、大型企画不動産業者から京畿道河南市にある土地(山林や原野)を11億ウォンで購入した。

この業者は該当の土地を4億ウォンで購入し、わずか3カ月後にAさん側に11億ウォンで売却したという。しかし、この土地は森林保全法上「保全産地」に指定されており、開発が不可能な場所だ。

報道に登場したAさんとは、グループ少女時代のテヨンだった。テヨンの所属事務所SMエンターテインメントはこの日、毎日経済スタートデイに「アーティストの資産と関連した部分は会社で把握しにくい」という短いコメントを出した。

テンアジアによるとKBSの公開採用コメディアンはアン・スミとして知られた。KBS6期の公開採用コメディアンとして芸能界にデビューして活動してきた。その後、日本で芸能界の仕事をしてから帰ってきて、現在はブログ「土地金持ちハッキングスクール」を運営している。しかし、アン・スミは他のメディアとのインタビューで「テヨンに会ったことはない。富裕層を対象に何もしていないし、弁明することもない」とし「その業者は企画不動産業者ではない。税務調査でも嫌疑なしで、何の問題もない」と反論した。

警察はこの企画不動産グループが開発が不可能な土地を細かく分割した後、未公開の開発情報があるかのように騙して3000人余りに売ったと見ている。

また、該当グループの系列会社4社の代表を特定経済犯罪法上詐欺や農地法違反の疑いなどで立件して調査中だ。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-10-28 10:06:46