トップ > エンタメ > スターニュース > コ・ソヨン「51歳&163億という記事のタイトルから抜け出したい」

コ・ソヨン「51歳&163億という記事のタイトルから抜け出したい」


  • コ・ソヨン「51歳&163億という記事のタイトルから抜け出したい」
  • スタートゥデイDB

女優のコ・ソヨンが自分が住んでいるザ・ペントハウス清潭(チョンダム)について釈明した。

コ・ソヨンは4日、自分のインスタグラムのストーリーに数枚の写真を掲載した後、自分と関連した記事のタイトルについて一部言及した。

1972年生まれのコ・ソヨンは「51歳」というタイトルについて「私はまだ51歳ではないと言いたい。意味のない数字だが」と記し記事ごとに露骨に登場する「51歳」に対する本音を伝えた。

また「165億」、「163億」などのタイトルで報道された記事をキャプチャーした後、「今では165?事実ではない。163、165?このようなタイトルはもう終わり。事実だと思われます」とも伝えた。それとともに「163のタイトルから脱出したい。違います」と付け加えた。

  • コ・ソヨン「51歳&163億という記事のタイトルから抜け出したい」
  • コ・ソヨンSNS

チャン・ドンゴン、コ・ソヨン夫妻は黒石洞(フクソクドン)マークヒルズと清潭洞マークヒルズで暮らし昨年、ザ・ペントハウス清潭の83坪型(211.94平方メートル、62.02平方メートル)のメゾネットタイプに引っ越した。マークヒルズ2軒をすべて処分し新たに用意した家だった。

同マンションは全国公示が1位を記録した最高価格のマンションで、連日話題を集めたところだ。国土部が今年4月に確定した「2021年共同住宅公示価格」によると、ソウル市江南区(カンナムグ)清潭洞のザ・ペントハウス清潭 PH129マンションの公示価格は163億2000万ウォン(123坪、専用407平方メートル)を記録し全国で最も高い共同住宅として選定された。

チャン・ドンゴン、コ・ソヨン夫婦は163億ウォンを記録した123坪世帯より坪数がずっと少ない83坪に居住している。

不動産業界によるとチャン・ドンゴン、コ・ソヨン夫妻と同じ坪数世帯の場合、現在130億~145億ウォンで売りに出されているという。しかし、今年上半期基準の実際の取引価格は低層が100億、中層が115億ウォンを記録した。

計29戸をメゾネットタイプで構成されるザ・ペントハウス清潭には、チャン・ドンゴン、コ・ソヨン夫妻をはじめ、「ゴルフ女帝」のパク・インビ、メガスタディーの講師ヒョン・ウジン、チェ・スンソク元愛敬(エギョン)開発代表取締役などが居住している。

チャン・ドンゴンとコ・ソヨン夫婦はデビュー初期からスターダムに上り詰め数十年間トップの人気を博してきた。2人が結婚を発表した時、「中小企業が誕生した」という報道も続いた。2人はそれぞれ漢南洞(ハンナムドン)に130億ウォン、清潭洞に150億ウォンのビルを所有している代表的な芸能界の金持ちだ。京畿道(キョンギド)加平(カピョン)にも24億ウォンの別荘を所有しているという。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2021-11-04 16:48:13