元YG代表のヤン・ヒョンソク、法廷でB.I麻薬捜査もみ消し疑惑を否定


  • スタートゥデイ ユ・ヨンソク記者

ヤン・ヒョンソク代表プロデューサーが麻薬捜査もみ消し容疑を否認した。

ソウル中央地裁刑事合議23部(ユ・ヨングン裁判長)は5日午前10時、ヤン・ヒョンソクの特定犯罪加重処罰などに関する法律違反(報復脅迫)容疑に対する初公判を行った。

ヤン・ヒョンソク前代表はYGエンターテインメントの所属芸能人だったB.Iの麻薬購入疑惑を告発したハン・ソヒに対して警察で供述を変えるよう脅迫した疑いが持たれている。

この日、白いシャツに黒いコートを着て法廷に入ったヤン・ヒョンソクは「ヤン・ヒョンソク被告ですか」という裁判長の質問に対し、「はい、そうです」と答えた。

続いて「職業はYGエンターテインメントの元代表となっている」という言葉に「そうです。以前はYG統括プロデューサーでした」と話した。

検察側は「ヤン・ヒョンソクは公益情報提供者のハンさんが警察に対してキム・ハンビンの麻薬事実について供述したという報告を受け、ハンさんをYGエンターテイメントの社屋に呼び出して供述を覆すよう命じた。「(芸能界から)お前一人を消すことは簡単なことだ」と芸能人志望の被害者(ハンさん)を脅迫し、刑事事件の捜査については供述を拒否したり、覆させたりした」と公訴事実を明らかにした。

これに対し、ヤン・ヒョンソクの弁護人は「公訴事実をすべて否認する。(ヤン・ヒョンソクが)ハン・ソヒに会ったことは事実だが、脅迫や強要をした事実はない。 そのため無罪の主張をしている」と述べた。 裁判長がヤン・ヒョンソク被告に弁護人の意見と同じかと問うと、ヤン・ヒョンソクは「そうだ」と短く答えた。

ヤン・ヒョンソク元代表は2016年に発生したB.Iの麻薬疑惑をもみ消すために、供給元だった歌手練習生だったハン・ソヒを呼びだして懐柔・脅迫して供述を覆すよう要求したとされ、取り調べを受けた。

ヤン・ヒョンソク元代表は警察の調べで、YGエンターテイメントの社屋に呼び出して対話を交わした事実は認めながらも、「供述を覆すよう脅迫はしていない」として容疑を否認した。しかし、警察は数回にわたる対質調査でハン・ソヒの供述が一貫している点、ハン・ソヒがB.Iと関連した内容を伝え聞いた時点の関連者供述など、間接証拠を通じてヤン・ヒョンソク元代表の容疑が認められると見ている。

該当事件を調査した京畿南部地方警察庁広域捜査隊は昨年、ヤン・ヒョンソク代表の報復脅迫などの容疑に対して起訴意見で検察に送致した。 水原地方検察庁から事件を移管されたソウル中央地検は1年近く捜査を行い、今年5月にヤン・ヒョンソクを裁判にかけた。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-05 12:36:34