キム・ジュンス、個人事務所「PALMTREE ISLAND」設立 新しいスタート


  • PALMTREE ISLAND

歌手でミュージカル俳優のキム・ジュンスが個人事務所を設立し、新しい出発を知らせる。

キム・ジュンスは10日、長いあいだ共にしてきたマネージャーと意気投合して個人事務所「PALMTREE ISLAND」設立のニュースを伝えた。先立ってキム・ジュンスは10年以上を共にしたC-JeSエンターテイメントとの美しい別れを決定し、本格的な独り立ちを知らせた。

社名の「PALMTREE ISLAND」はキム・ジュンスが普段から好きな植物の名前からとり、アーティストと共にするすべてのメンバーがそれぞれの場所で最高の力量を発揮できるようにサポートする「安楽な場所」を目指す。

また「一緒に夢を見て作っていく過程が輝く結実を結ぶその日まで、止まらずに続けていく」という意味も内包している。

PALMTREE ISLANDの関係者は「これまで歌手として、ミュージカル俳優として、ジャンルを問わず休みのない活躍で大衆から愛されてきたキム・ジュンスが、これからは自分だけのアイデンティティが込められた個人事務所を直接運営して活躍を続けていく。キム・ジュンスはこれまで積み重ねてきた経験とノウハウをもとに直接会社の全般的な方向性を導いていく予定だ。PALMTREE ISLANDと共に多様な活動も計画しているので、キム・ジュンスの新しい出発に多くの方々の温かい関心と応援をお願いする」と伝えた。

歌手としては愛されるボーカリストとして、ミュージカル俳優としては信じて見る俳優になったキム・ジュンスは、2010年ミュージカル『モーツァルト!』でデビュー後、『エリザベート』、『ドラキュラ』、『デスノート』、『エクスカリバー』など、自分だけの魅力でキャラクターを完成させ舞台を掌握する、ミュージカル界を代表する俳優となった。去る7日、幕を下ろした『エクスカリバー』再演ソウル公演ではさらに凝集された演技と歌で「アーサー職人」らしい独歩的なキャラクター消化力で好評を集め、2度目のシーズンの公演も有終の美を収めた。

また、キム・ジュンスは最近、切ない歌声でカカオTVのウェブドラマ『ジンクス』のOSTを発表して胸の温まる感動をプレゼントし、名品OSTを誕生させた。それだけでなくTV CHOSUNのK-POPオーディション番組『明日は国民歌手』でマスターとして活躍し、テレビでも多彩な活動を続けている状況。これに引き続きキム・ジュンスが繰り広げる動きが注目される。

現在、キム・ジュンスはTV CHOSUN『明日は国民歌手』に審査委員として出演しており、来る20日からは全州を皮切りにミュージカル『エクスカリバー』4都市地方ツアーで観客と会う。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-10 10:37:55