防弾少年団(BTS)の兵役特例法案が保留に 韓国国防部「慎重になるべき」


  • Big Hit Music

グループ防弾少年団(BTS)の兵役特例許容法案が保留された。

韓国国会の国防委員会・法案小委員会は25日、国威を宣揚した大衆文化芸術家が軍入隊の代わりに奉仕活動などで兵役を代替できる内容の兵役法改正案を審議したが、結論を下せなかった。

連合ニュースによると国防委の関係者はこの日、小委の会議後の通話で「与野党を選ばず賛否が交錯した」とし、「今後、公聴会など引き続き公論化を進めることにした」と明らかにした。

一部の委員は会議で防弾少年団(BTS)が誘発する莫大な経済的波及効果などを考慮すると、彼らに兵役特例機会を与えることが妥当だと主張したと伝えられた。国内外の特定芸術競演大会入賞者やオリンピック・アジア大会のメダリストなどにのみ代替服務を許可する現行特例制度がむしろ不公正だという論理も広げられたという。

しかし、兵役に敏感な国民世論を考慮して、より深い議論がより必要だという意見が多数を成し、議決まで至らなかった。

この日、小委に挙げられた関連法案は3件だった。アン・ミンソク民主党議員と国民の力所属のユン・サンヒョン議員、ソン・イルジョン議員がそれぞれ代表発議した法案で、共通して大衆文化芸術人も兵役特例の対象に含めるという内容が含まれていた。

一方、国防部はこの日、大衆文化芸術人の兵役特例許容に対して否定的な立場を出した。

25日、プ・スンチャン国防部報道官は定例ブリーフィングを通じて「公平な兵役履行という原則上、芸術体育要員の(代替服務)拡大は慎重にする必要がある」と明らかにした。報道官は「私たちが置かれた状況を考慮しなければならない」とし、「直ちに(兵力資源の減少をもたらす)人口急減が始まることから、社会的な合意も必要だ」と話した。

現行法令によると芸術・体育分野の特技を持つ人のうち、文化体育観光部長官が推薦した人は芸術・体育要員に編入させることができる。

芸術・体育要員とは、国威宣揚と文化の創達に寄与した特技者が軍服務の代わりに芸術・体育要員として代替服務をすることができるようにする制度だ。しかし、現行の兵役法では純粋芸術及び体育分野の従事者だけが該当の恩恵を受けており、大衆文化芸術人たちの場合、基準自体がなく、免除を受けることができない。

一方、防弾少年団は去る5月に発表した2曲目の英語の歌「Butter」でビルボードメインシングルチャート「ホット100」で10回も1位になり、「Permission to Dance」とコールドプレイと共にした曲「My Universe」もそれぞれ「ホット100」1位になるなど、今年だけで計12回の1位を記録した。

また去る22日、米国の3大大衆音楽授賞式の一つである「アメリカン・ミュージック・アワード」で大賞を含む3冠王というアジア歌手初の記録を立てたのに続き、「2021グラミー・アワード」にも2年連続でノミネートされるなどグローバルな影響力を発揮している。
  • イ・ダギョム スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-25 14:06:07