パク・ヒョンシク&ハン・ソヒがロマンスミュージックシネマで共演


  • スタートゥデイDB

パク・ヒョンシクとハン・ソヒがロマンスミュージックシネマ『サウンドトラック#1』で呼吸を合わせる。

2022年公開予定の『サウンドトラック#1』は20年来の親友の男女が2週間のあいだ同じ家にとどまりながら、お互いの気持ちに気づいていく話を描く。

パク・ヒョンシクとハン・ソヒが主演を、tvN『王になった男』、『ヴィンチェンツォ』などを通じて作品性と視聴率の二兎を獲得したキム・ヒウォン監督がメガホンを握った。

パク・ヒョンシクは劇中、男性主人公のハン・ソヌ役を引き受けた。新鋭写真作家のハン・ソヌは言葉少ないが優しくて暖かい男だ。

ハン・ソヒは女性主人公のイ・ウンスを演じる。生計型作詞家のイ・ウンスは愉快で直説的で率直な女性として新しい顔を見せる。

ここに「ロマンスミュージックシネマ」という特別なジャンルにふさわしい、特別で豊かなOSTラインナップも『サウンドトラック#1』に力を添える見込みだ。 2022年公開予定。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-29 09:36:32