トップ > エンタメ > チャン・グンソクのファンクラブ、今年も練炭を寄付 直接配達するボランティアも

チャン・グンソクのファンクラブ、今年も練炭を寄付 直接配達するボランティアも


  • チャン・グンソクのファンクラブ、今年も練炭を寄付 直接配達するボランティアも
  • AG Corporation

俳優チャン・グンソクの公式ファンクラブ「Cri-J」が年末を迎え、温かいニュースを伝えた。

去る27日(土)、俳優チャン・グンソクの公式ファンクラブ「Cri-J」は永登浦(ヨンドゥンポ)のチョッパンチョン(小部屋が密集している地域)事務所で寄付式を行った。Cri-Jはソウル社会福祉共同募金会(以下、ソウル愛の実)を通じて永登浦地域のチョパンチョンに練炭5000枚を寄付し、住民たちの心まで温めた。

特に4年連続で練炭を寄付して善行を続けているファンクラブ「Cri-J」が今年は住民たちの手となり足となって直接配達のボランティアまで行い、さらに意味のある活動を繰り広げた。

ソウル愛の実側の関係者と住民たちは「忘れずに毎年寄付をしてくれるチャン・グンソク俳優とファンのおかげで冬を暖かく過ごしている。いつも感謝する気持ちだ」と伝えた。

一方、チャン・グンソクの公式ファンクラブ「Cri-J」は今年で9回目を迎えた「チャン・グンソクの誕生日記念分かち合い写真展」を通じて累積金額約8億6620万ウォンを集め、助けの手が必要なところに寄付してきた。

今回の行事はチャン・グンソクが最も大切にする価値である「分かち合い」を実践するためにファンが自発的に、一回性にとどまらず毎年開催している善行という点でファン文化の模範となっている。

また、チャン・グンソクと共に10年前からボランティア活動を行ったり、水害地域に支援物資を届けたりしてきた。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2021-11-30 15:30:56