トップ > エンタメ > スターニュース > ピョン・ヨハン、「第22回釜山映画評論家協会賞」で男子演技者賞を受賞

ピョン・ヨハン、「第22回釜山映画評論家協会賞」で男子演技者賞を受賞


  • ピョン・ヨハン、「第22回釜山映画評論家協会賞」で男子演技者賞を受賞
  • Megabox Plus M

俳優のピョン・ヨハンが「第22回釜山(プサン)映画評論家協会賞」で男子演技者賞を受賞した。

ピョン・ヨハンは今月10日に開催された「第22回釜山映画評論家協会賞」の授賞式で映画『玆山魚譜』で男性演技者賞を受賞した。「釜山映画評論家協会賞」は韓国唯一の地域批評家グループである釜山映画評論家協会が授与する賞で1年間、韓国で制作された優秀な作品に対する客観的な評価を目的に行われる授賞式である。

ピョン・ヨハンは所属事務所のSARAM ENTERTAINMENTを通じて「まず『玆山魚譜』でこんなに大きな賞を下さって感謝する」と始めた。

続いて「『玆山魚譜』を撮りながらとても幸せだった時間を思い出す。今も目をつぶって思い浮かべると、海の音とスタッフたちの熱かった情熱が目の前に浮かんでくる。この映画を撮影しながら、些細な話も本当の友達と一緒なら偉大な記憶になるということに気づいた」という言葉で作品に対する感想を伝えた。

また「最近、演技がとても面白い。もちろん、つらい時もあるが、もっと頑張る俳優になり頑張って生きていく。賞を下さったことに感謝する。年末を楽しく過ごしてほしい」と感謝の言葉と共に受賞の感想を明らかにした。

『玆山魚譜』は朝鮮時代の学者チョンン・ヤクジョンにスポットライトを当てたイ・ジュニク監督の時代劇で、ピョン・ヨハンは海を抜け出して出世したい青年漁師のチャンデ役を演じた。

デビュー後初めて白黒映画に挑戦したピョン・ヨハンは、学者のチョン・ヤクジョン(ソル・ギョング)と『玆山魚譜』を執筆し友人になる過程で世の中に出て行きたいチャンデの熱い熱望を繊細な内面演技で表現し劇中の全羅道(チョンラド)の方言まで完璧にこなし「白黒に色彩をつけた演技」という反応を呼んだ。

さらに、ピョン・ヨハンの真正性が感じられる深みのある演技は観客に好評を得た。

ピョン・ヨハンはドラマ『ミセン -未生-』、『六龍が飛ぶ』、『ミスター・サンシャイン』、映画『ソーシャルフォビア』、『あなた、そこにいてくれますか』、ミュージカル『ヘドウィグ』など多彩な作品で舞台とスクリーンを行き来しながら幅広い演技のスペクトルでしっかりとした演技力を立証してきた。最近、映画『ボイス』の主演として没入度の高いアクション·演技を披露した

ピョン・ヨハンは映画『閑山:龍の出現 』、『彼女が死んだ』の撮影を終えた後、公開を待っておりドラマ『白雪姫に死を』の撮影中だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2021-12-13 09:22:26