トップ > エンタメ > K-POP > SEVENTEEN、日本シングル「あいのちから」でオリコン週間合算シングルランキング1位

SEVENTEEN、日本シングル「あいのちから」でオリコン週間合算シングルランキング1位


  • SEVENTEEN、日本シングル「あいのちから」でオリコン週間合算シングルランキング1位
  • PLEDIS Entertainment

グループSEVENTEEN(エスクプス、ジョンハン、ジョシュア、ジュン、ホシ、ウォヌ、ウジ、ディエイト、ミンギュ、ドギョム、スングァン、バーノン、ディノ)が 日本のスペシャルシングル「あいのちから」でまたトップに上がった。

オリコンが17日に発表した最新チャートによると、SEVENTEENの日本スペシャルシングル「あいのちから」がCDと音源点数を合算する週間合算シングルランキング(12月20日付)で1位になった。

SEVENTEENはオリコン週間シングルランキングに続き週間合算シングルランキングでも日本2ndシングル「Fallin' Flower」(2020年4月13日付)から日本3rdシングル「ひとりじゃない」(2021年5月3日付)、スペシャルシングル「あいのちから」(2021年12月20日付)でトップにつき3作連続1位となった。

SEVENTEENは「あいのちから」で1位行進を続けている。先行公開直後、LINE MUSICやAWA、楽天ミュージックなど日本の主要音源サイトで、リアルタイムチャートでトップにつき、LINE MUSICや楽天ミュージックでは週間チャートでもトップについた。AWAでは収録曲「Home(Japanese ver.)」と「Snap Shoot(Japanese ver.)」を含め、1位から3位までを記録した。

今月8日に発売された「あいのちから」は、発売初日からオリコンデイリーシングルランキング(12月7日付)に1位となり、6日連続トップをキープ、週間シングルランキング(12月20日付)でも1位となり、アルバムランキングでも頭角を現した。

加えてビルボードジャパン週間シングルセールスチャートである「トップシングルセールス」(12月15日付)で24万6,904枚の販売量で1位となり、総合ソングチャートである「HOT100」チャートでは2位につけ好成績をあげた。

日本のスペシャルシングル「あいのちから」は人生で直面する様々な愛の瞬間について語ってきた2021年の「Power of "Love"」プロジェクトの最後を飾る作品であり、SEVENTEENの初のウィンターソングである。日本オリジナルでは初のバラード曲である「あいのちから」、「Home」、「Snap Shoot」など計3曲が収録された。

「あいのちから」は冬のように寒くて大変な状況でも私たちみんなの「愛の力」があれば、暖かい春が訪れるという応援と慰めのメッセージ、そしていつも応援してくれるCaratにSEVENTEENが送る愛がいっぱい込められている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2021-12-17 08:39:50