トップ > エンタメ > スターニュース > 「優しい目で見てください」 故キム・ミスさんの父親、いつも娘をSNSで応援

「優しい目で見てください」 故キム・ミスさんの父親、いつも娘をSNSで応援


  • 「優しい目で見てください」 故キム・ミスさんの父親、いつも娘をSNSで応援
  • 所属事務所

キム・ミスさんが5日に亡くなった中で、娘の役者生活を応援して支持した父親のコメントが注目されている。

キム・ミスさんの父親は普段から自分のSNSに娘の作品活動のニュースを共有して、応援するコメントを頻繁に投稿していた。

2020年2月、キム・ミスさんがキム・テヒの妹役でtvN『ハイバイ、ママ!』に出演した当時、「これまで独立映画や短編ドラマにはしばしば出演していましたが、ミニシリーズにデビューするのは今回が初めて」とし「初放送をたくさん見てください」とコメントした。

ドラマ終了後にはインタビューの写真と記事を共有しながら「優しい目で見てください」と呼びかけ、父性愛を感じさせた。

2020年6月にはKBS2ドラマ『恋の始まりは出馬から!?』キャスティングのニュースを伝えながら「今回はけっこう出演頻度の高い役を引き受けたそうです。多くの視聴をお願いします」と呼びかけた。

キム・ミスさんは韓国芸術総合学校に2011年に入学し、演劇舞台と独立映画を経て徐々に活動舞台を広げてきた。2014年の映画『ソンミンの部屋』でデビューし、2019年に放送されたJTBCドラマ『ルワク人間』でお茶の間デビューを果たした。

以後、映画『リップスティック・レボリューション』『メモリーズ』『キョンミの世界』『謗法:在此矣』や、ドラマ『ハイバイ、ママ!』『恋の始まりは出馬から!?』などに出演して存在感を見せた。

現在放送中のJTBC週末ドラマ『スノードロップ』では、ウン・ヨンロ(BLACKPINKジス)の寄宿舎のルームメイトであり、女子大の史学科4年生「ヨ・ジョンミン」役を演じた。ディズニープラスのドラマ『キス・シックス・センス』も撮影中だった。

キム・ミスさんの所属事務所は「突然の訃報に遺族は胸を痛め、衝撃と悲しみに陥っている」とし「デマや推測性の報道は自制してほしい」と明らかにした。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-06 11:19:25