BIGBANGのV.I交通事故、スピード違反判定にYG側「確認中」

V.Iは現在も治療に専念中 

BIGBANGのメンバーV.Iが加速判定を受けて被疑者の身分で警察の調査を受ける展望だ。

ソウル龍山警察署交通調査系関係者は7日午後、MBNスターへ「調査結果V.Iがスピード違反運転をして事故となったものと現れた。スピード違反判定を受けたのは事実だ」と明かした。これに所属事務所YGエンターテイメント関係者は「現在確認中である。確認後、立場を明かす」と話した。

V.Iは先月12日3時30分頃ソウル江辺北路一山方向東部二村洞新東亜アパートの前で横の車線のベンツ乗用車と衝突した後、相次いでガードレールに衝突して転覆した。この事故でV.Iと前の車に乗っていた54歳のリさんら3人が怪我をして病院に運ばれ治療を受けた。当時、事故の衝撃でV.Iは肝臓に損傷を負い、病院で治療を受けた。彼は治療後退院したが、最近、高熱で倒れるなど体調が悪くなって再入院、治療に専念している。
  • MBNスターソン・ジナ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-10-07 14:36:17