チ・ソヨン&ソン・ジェヒ、不妊を告白後 ファンからの応援に感謝「諦めずに待ちます」


  • ソン・ジェヒSNS

俳優のソン・ジェヒが不妊を告白後、送られた慰労と応援に感謝の言葉を伝えた。

ソン・ジェヒは11日、インスタグラムで「私たちのように赤ちゃん天使を待っている方々と大変な時間を過ごしている方々に私たちの話をして少しでも慰めと応援を差し上げたいという妻の決心で『オ・ウニョンのクムチョク相談所』に出演した。その後、SNSや電話で本当にたくさんの方々が話しにくい内容まで伝えてくださり私たちが本当に多くの応援と大きな力をもらった」というコメントを掲載した。

続いて「赤ちゃん天使が足が短くて来るのに少し時間がかかるという愛らしい話から、待ちわびる気持ちと別れが繰り返され最終的に赤ちゃん天使が来たという感動的な話まで送ってくださったメッセージとコメントを妻と1つ1つ読みながら泣いて笑った」と書いた。

ソン・ジェヒは「本当に感謝している。送ってくださった愛と応援を忘れず妻ともっと愛し、あきらめずに待ち続ける。感謝の挨拶を必ずしたくてコメントを残す。私たち夫婦も皆さんのために祈ってます。愛しています」と付け加えた。

ソン・ジェヒはチ・ソヨンと2017年9月に結婚した。ソン・ジェヒ、チ・ソヨン夫婦は先月31日に放送されたチャンネルA『オ・ウニョンのクムチョク相談所』に出演し不妊判定を受けたと明らかにした。

ソン・ジェヒは当時「病院で不妊症と言われた。試験管を通して子どもを授からなければならない状況」と明らかにした。

続いて「結婚して初めて妻が当惑した姿を見たようだ。実際、妻とこの悩みに対して対面したのはあまり経っていない」とし「この番組に出ることに決心し初めてきちんと話を交わしたと思う。想像したこともないことが起きた」と涙を見せ、もどかしさを見せた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2022-01-11 20:44:10