トップ > エンタメ > スターニュース > 時代劇「太宗イ・バンウォン」に動物虐待疑惑 団体側が撮影シーン公開して抗議

時代劇「太宗イ・バンウォン」に動物虐待疑惑 団体側が撮影シーン公開して抗議


  • 時代劇「太宗イ・バンウォン」に動物虐待疑惑 団体側が撮影シーン公開して抗議
  • KBS

KBS1ドラマ『太宗イ・バンウォン』に動物虐待疑惑が持ち上がっている。疑惑を提起した動物愛護団体側は関連映像を公開した。

韓国の動物愛護団体、動物自由連帯側は20日、インスタグラムに「昨日、動物自由連帯はKBSドラマ『太宗イ・バンウォン』落馬シーン撮影時の馬への虐待疑惑を提起した。これと関して該当ドラマの撮影現場映像を確保した」とし、撮影当時の映像を一緒に公開した。

映像には馬の脚にワイヤーを結んでおき、強制的に転倒させる場面がおさめられている。

動物自由連帯は「多くの人々が懸念したように馬を倒す場面を撮影する際、馬の足にワイヤーを結んでおいて強制的に転倒させた事実を確認した」とし「映像の中でワイヤーを利用して強制的に転倒させる過程で、馬は体にひどく無理がかかるほど大きく転び、馬が倒れたときに一緒に落ちた俳優も負傷が疑われるほど危険な方法で撮影された」と指摘した。

続いて「撮影直後、スタッフは倒れた俳優の状態を確認するために急いで走る。しかし、誰も馬の状態を確認することはない。ひっくり返って地面にたたきつけられた馬は倒れて動かない」とし「その後の馬の状態はまだ確認されていない。生きているのか、負傷した所はないのか分からない。2022年、大韓民国の公営放送の撮影がこのように行われているという事実に驚愕を禁じられない」と批判した。

動物自由連帯側は「現行の動物保護法は「ギャンブル、広告、娯楽、遊興などの目的で動物に傷害を加える行為」を動物虐待に規定し、禁止処罰している。また、このようなシーンを含む映像を撮影、公開することも動物虐待として犯罪に該当する」と強調した。

それとともに「『太宗イ・バンウォン』で馬を強制的に転倒させた場面は明らかな動物虐待」とし「これはこれまで持続的に提起されてきた撮影現場での動物虐待問題を如実に表わした事件だ。動物自由連帯は今回の事態を絶対黙過しない」と付け加えた。

この日の午前、動物自由連帯はKBSに公式に馬の生存可否と安全確認を要請し、今後、撮影現場での動物安全確保措置のための面談を要求した。

これに先立ち、動物自由連帯は19日に声明文を通じて最近『太宗イ・バンウォン』側が撮影中に馬を虐待したと主張した。第7話で主人公イ・ソンゲ(キム・ヨンチョル)が落馬する場面で、馬が90度以上体をゆがませながら頭から転倒したと問題を提起し、馬の現在の状態と撮影シーンが収められた原本を公開するように促した。

これと関連してKBS側は20日、毎日経済スタートデイに「関連内容を聞き、制作陣に伝えて確認中」という立場を明らかにした。

  • 時代劇「太宗イ・バンウォン」に動物虐待疑惑 団体側が撮影シーン公開して抗議
  • 動物自由連帯

  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-01-20 13:27:02