トップ > エンタメ > スターニュース > SF9、2年5か月ぶりの単独コンサートが大成功 熱く燃えた220分

SF9、2年5か月ぶりの単独コンサートが大成功 熱く燃えた220分


  • SF9、2年5か月ぶりの単独コンサートが大成功 熱く燃えた220分
  • FNCエンターテインメント

グループSF9がパフォーマンス、ストーリー、感動をつかんだ単独コンサートを盛況裏に終えた。

SF9は21~23日の3日間、ソウルオリンピック公園のオリンピックホールで単独コンサート「2022 SF9 LIVE FANTASY #3 IMPERFECT」を開催した。今回の公演は約2年5か月ぶりに開かれたコンサートで開始前から熱い関心を集め計4回にわたって行われた。最終日の公演はオンライン生中継も同時に行われ会場に来られなかったファンも一緒に楽しめる場が設けられた。

暗闇の中で制服を着て登場したSF9は多くの人々に愛された収録曲「SHADOW」でコンサートのスタートを切り「Love No.5」、最近発売された10thミニアルバム『Trauma』で会場を盛り上げた。続いて「Stop It Now」、「Unlimited」、「Tear Drop」、「Good Guy」で最強のセクシーなパフォーマンスを披露し観客の視線を集めた。公演序盤ダークな雰囲気を漂わせていたSF9は公演が熟すほど光を迎え「See U Tomorrow」、「Now U Tomorrow」、「Dreams」などに雰囲気を変えた。特に「RPM」ではジェユンとダウォンが腹筋を公開して熱気を高めた。

何より公演の途中にメンバーたちが9人9色の魅力を盛り込んでしっかり準備したソロ、ユニット舞台が目立った。The Weekndの「Earned It」に合わせてセクシーなパフォーマンスを披露したジェユンを皮切りにフィヨンは自作曲「19℃」、ヨンビンは自作曲「( )」で本人ならではのアイデンティティーを表現しダウォンはバンドと共にジャスティン・ビーバーの「Hold On」を再解釈して清涼な歌声を披露した。ユ・テヤン、フィヨン、チャンヒはユニットを構成し自作曲「LOVE THE WORD」の中にパフォーマンス、ボーカル、ラップをすべて取り入れており、ユ・テヤンは映画『王の男』を見てインスピレーションを得て韓国的な情緒を表現したダンスでメインダンサーの力量を十分に証明した。

ボーカルラインのインソンはIUの「My Sea」を、ロウンはキム・グァンソクの「その日々」を熱唱し観客を魅了した。チャニは人気を集めたドラマ『女神降臨』のOST「恋しさ」を実際にファンの前で披露し注目を集め、ジュホは観客に「とても幸せで感謝しています」と繰り返し感謝の言葉を伝え自作曲「Paradise」で雰囲気を盛り上げソロ舞台のフィナーレを飾った。ヨンビンは「メンバーたちのソロ舞台は皆さんを思いながら準備したもの」と紹介し感動を与えた。

SF9は「完璧でない私たちが皆さんに会えばImperfectがI'mperfectになるように完全になる。2022年のスタートから一緒にできて良かった」と伝え観客に心からの感謝の気持ちを伝えた。さらにロウンは、「コンサートを準備しながら不足な部分を皆さんが埋めてくれたようだ。完璧でない私たちを好きでいてくれてありがとう」と付け加えた。ジェユンは「1階から3階まで惜しみなくたくさん目に入れようとした。長い間ファンタジーとコンサートをしていきたい」と話しファンに対する思いを率直に伝えた。

「IMPERFECT W/9 U」というタイトルで行われた今回の公演は闇に包まれた空間でImperfect without you(君がいないと不完全な)9人が闇を照らすFANTASY(SF9公式ファンクラブ)に出会い、I'm perfect with you(君によって完全になった)SF9を描いていく過程を描いた。また、今回の公演は新型コロナウイルスの拡散防止のため歓声の代わりに、クラッパーを利用した拍手と応援棒で応援を代わりにしたが観客はSF9のメンバーたちと息を合わせクラッパーで応援を加えたりもした。観客と一緒に飾っていく舞台だけにSF9は「音楽の音の向こうから聞こえるクラッパーの音が感動的だ」と伝えた。

最終日の公演のアンコール舞台ではヨンビン、インソンのデュエット曲「On And On」の舞台がサプライズ公開され深い余韻を残した。ヨンビン、インソンはファンと目でお互いに心を取り交わしながら長い間観客の目頭を赤くした。SF9は最近、10thミニアルバムに収録したファンソング「For Fantasy」を最後に熱唱し観客はスローガンで応えながらこみ上げてくる感情の中での成功を収めた。計29曲で構成された今回のコンサートはSF9と観客の真心が通じた完璧な220分だった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2022-01-24 16:57:42