トップ > エンタメ > スターニュース > 2PMジュノ、ファンクラブがワールドビジョンに500万ウォンを寄付

2PMジュノ、ファンクラブがワールドビジョンに500万ウォンを寄付


  • 2PMジュノ、ファンクラブがワールドビジョンに500万ウォンを寄付
  • ワールドビジョン

グループ2PMのメンバー兼俳優のジュノ(イ・ジュノ)のファンが貧しい児童たちのために寄付した。

国際救援開発NGOワールドビジョン(チョン・ミョンファン会長)は2PMのジュノファンクラブ「DCインサイド・イ・ジュノギャラリー」から韓国の危機児童支援のための後援金500万ウォンを渡してきたと25日、明らかにした。

DCインサイドのイ・ジュノギャラリーは1月25日、ジュノの誕生日を記念するためにファンを対象に募金活動を行った。募金された基金全額はワールドビジョンに寄付し経済的に困難な韓国の危機児童家庭のために使われる予定だ。

DCインサイドのイ・ジュノギャラリーの会員たちは「ジュノの誕生日を記念してより意味ある寄付をしたかったところ、ワールドビジョンのヘインの家庭事情を見て寄付を決めることになった」とし「今後もワールドビジョン広報大使として活動しているジュノの意思により分かち合いを進めている計画」と伝えた。

2012年からワールドビジョンの広報大使として活動しているジュンホは韓国の青少年と共にする飢餓体験やエチオピアへのボランティア活動、Global6K for Waterキャンペーンへの参加など10年間持続的な分かち合いを実践している。

この他にも兵役に就いている2020年には新型コロナウイルスで苦しんでいる子供たちのために3000万ウォンを寄付している。

ワールドビジョンのチョ・ミョンファン会長は「10年という長い間ワールドビジョンの広報大使として活動し脆弱な子供たちのそばに立ってくれたジュノ広報大使と彼の善良な影響力に参加してくださったDCインサイドイのジュノギャラリー会員の皆様に心から感謝する」とし「今回の後援金はヘインのような危機に瀕した子供たちにきちんと渡されるよう努力する」と伝えた。

イ・ジュノは最近放送を終えたMBC時代劇『袖先赤いクットン』のイ・サン役で熱演し人気を集めた。22~23日に単独ファンミーティングを盛大に終えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2022-01-25 09:48:38