トップ > エンタメ > スターニュース > 元SISTARヒョリン、新型コロナにブレークスルー感染

元SISTARヒョリン、新型コロナにブレークスルー感染


  • 元SISTARヒョリン、新型コロナにブレークスルー感染
  • スタートゥデイDB

歌手のヒョリンが新型コロナウイルスの確定判定を受け予定されていたスケジュールを全てキャンセルした。

ヒョリンの所属事務所は26日「所属アーティストのヒョリンが今月25日、KBS2『ユ・ヒヨルのスケッチブック』の本収録のため待機中の『Double Trouble』で新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触を通知され、これを受け直ちにすべてのスケジュールを中断し、PCR検査を受けた。その後、今日(26日)新型コロナウイルス検査の結果陽性となり同行したスタッフ全員は陰性と判定された。ヒョリンは予定されていたすべてのスケジュールを取り消し防疫当局の指針に従った必要な措置を取っている」と明らかにした。

所属事務所によるとヒョリンはワクチンを2次接種まで完了した状態だったが検査の結果、確定判定を受けた。

所属事務所は「日曜日に行われた『Double Trouble』の収録に先立ち自己診断キット検査の結果、陰性が出て録画に参加し、『ユ・ヒヨルのスケッチブック』の収録もまた、車両で自己診断キット検査の結果、陰性が出たので参加したが収録前の待機中に連絡を受け直ちにすべての日程を中止した」と伝えた。

続いて「所属事務所は防疫当局の指針を徹底的に遵守し所属アーティストの健康と安全のために最善を尽くす。そしてファンの皆さんと関係者の皆さんに、ご心配をおかけして申し訳ない。一日も早く健康を回復し、いい姿でお礼を申し上げたい」と付け加えた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2022-01-26 14:02:09