トップ > エンタメ > スターニュース > パク・ユチョンの弟パク・ユファン、大麻吸引の疑いで検察に送致

パク・ユチョンの弟パク・ユファン、大麻吸引の疑いで検察に送致


  • パク・ユチョンの弟パク・ユファン、大麻吸引の疑いで検察に送致
  • スタートゥデイDB

歌手兼俳優パク・ユチョンの弟で俳優のパク・ユファン(31)が大麻吸引の疑いで検察に送致された。

28日、京畿南部(キョンギナムブ)警察庁はパク・ユファンを麻薬類管理に関する法律違反の疑いで最近、検察に在宅起訴したと発表した。

パク・ユファンは2020年12月、タイのバンコクにある飲食店で2人の友人と一緒に大麻を吸った容疑がもたれている。パク・ユファンは当時、タイで行われた兄パク・ユチョンのコンサートに特別出演するため現地を訪問したが、韓国人の一行と大麻を吸引したことが取調べの結果分かった。

彼らは警察の取調べで全ての容疑を認めた。パク・ユファンとともに大麻を吸った2人のうち1人は検察に在宅起訴され、タイに居住している1人は新型コロナウイルスで入国が困難なため今後入国すれば警察の取り調べを受ける予定だ。

パク・ユファンは2011年MBCドラマ『キラキラ輝く』で俳優デビューし『千日の約束』、『抱きしめたい~ロマンスが必要~』、『彼女はキレイだった』などに出演した。インターネット放送のBJとして活動してきた。

これに先立ちパク・ユファンの兄のパク・ユチョンは麻薬投薬および引退を覆した記者会見で波紋を呼んだ。2019年、麻薬投薬容疑で懲役10か月、執行猶予2年を言い渡された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者
  • 入力 2022-01-28 15:34:05