トップ > エンタメ > TV・映画 > GOT7ジニョン、映画『クリスマスキャロル』で1人2役に挑戦

GOT7ジニョン、映画『クリスマスキャロル』で1人2役に挑戦


  • GOT7ジニョン、映画『クリスマスキャロル』で1人2役に挑戦
  • DSTATION

GOT7のメンバーで俳優のジニョンが映画『クリスマスキャロル』の撮影に突入した。彼はこの映画で初の1人2役に挑戦する。

先月28日にクランクインした『クリスマスキャロル』は双子の弟の死に復讐するために自ら少年院に入った兄が弟の死に隠された真実に向き合う話を描く。同名の原作小説を執筆した作家チュ・ウォンギュが脚色に参加し映画『美しき野獣』とケーブルテレビのOCNドラマ『君を守りたい〜SAVE ME〜』を演出したキム・ソンス監督が脚本と演出を担当する。ジニョンをはじめ、キム・ヨンミン、キム・ドンフィ、ソン・ゴンヒ、ホ・ドンウォンまでラインナップも華やかだ。

これに先立ち、映画『降りしきる雪』やドラマ『悪魔判事』、『ユミの細胞たち』など多数の作品で吸引力のある演技を披露したジニョンは、特に1人2役の演技に挑戦し多彩な魅力を発揮する見通しだ。劇中で双子の兄弟チュ・イルとチュ・ウォルの役を演じたのだ。ジニョンは弟の復讐のために少年院に入所した兄チュ・イルから痛みを持っている弟チュ・ウォルまで悲劇的な事件に巻き込まれた双子の兄弟を完璧に消化し、これまで培ってきた演技力を遺憾なく発揮する予定だ。

ドラマ『プライバシー戦争』、『夫婦の世界』、『約束の地 ~SAVE ME~』及び映画『チャンシルさんには福が多いね』などでジャンル不問の幅広い演技スペクトルを見せたキム・ヨンミンは暴力が横行する少年院で唯一優しさを持っているカウンセラーチョ・スンウを演じる。

それだけでなく250倍の競争率を勝ち抜いて映画『不思議の国の数学者』の主演に抜擢され驚きを抱かせた新人俳優キム・ドンフィは双子の兄弟と深い関係にある少年院生ソン・ファン役を演じる。

さらにドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』、『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』、『ミッシング~彼らがいた~』などで活躍し最近WATCHAのオリジナルドラマ『最終兵器アリス』の主演に選ばれ話題を集めた俳優ソン・ゴンヒも合流した。ソン・ゴンヒは少年院内の集団を牛耳るムン・ジャフン役を演じ劇に強烈な緊張感を吹き込む。

映画『特送』、『犯罪都市』、『悪人伝』、Netflixオリジナルシリーズ『イカゲーム』など数多くの作品で個性ある演技を披露したホ・ドンウォンは無慈悲なしつけで少年院を恐怖に陥れる矯正教師ハン・ヒサンのキャラクターで登場し特別な存在感を発揮する。

ジニョンは「優秀なスタッフのおかげでリラックスした雰囲気の中で初撮影を始めた。現場の皆さんに最後まで元気に撮影してもらいたいし皆が一生懸命準備した作品なので私も最善を尽くしたい」と特別な意気込みを伝えた。

『クリスマスキャロル』は今年の公開を目標にしている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2022-02-07 09:29:41