トップ > エンタメ > スターニュース > ハン・ソヒ、母親の借金の肩代わりはしないと宣言「被害者には申し訳ない」

ハン・ソヒ、母親の借金の肩代わりはしないと宣言「被害者には申し訳ない」


  • ハン・ソヒ、母親の借金の肩代わりはしないと宣言「被害者には申し訳ない」
  • ハン・ソヒ | スタートゥデイDB

ハン・ソヒが母親の詐欺容疑について「債務責任を負う計画はない」と明確な立場を明らかにした。

9atoエンターテイメントは7日、公式コメントを通じて「母親のシンさんがお金を借りる過程でハン・ソヒ名義の銀行口座を利用した」とし「シンさんはハン・ソヒさんが未成年者の時に勝手に口座を開設し、当該の通帳を(ハン・ソヒさんに内緒で)お金を借りるのに使用した」と説明した。

続いて「類似の事件が何度かあった。さらに私文書偽造事件もあった。こうした一連の事件で民事裁判が行われ、裁判所はハン・ソヒと関係なく行われたことだと明確に線を引いた」と伝えた。

ハン・ソヒ側によると、蔚山(ウルサン)地方法院(地裁)は2021年4月8日、「ハン・ソヒ名義の口座を利用して借金をしたが、それにより(ハン・ソヒが)債務について連帯責任を負うとは認められず、これを認める証拠がない」という判決を下した。

所属事務所は「ハン・ソヒは関連債務に責任を負う計画が全くないことを明らかにする」と強調し、「しかし、もう一度追加で説明をするのは今後新たな被害者が発生しないことを望むからだ。娘の名前をお金を借りることに利用し、その娘が有名芸能人であることを悪用してお金を手に入れようとする一連の行為を遮断するため」と主張した。

そして「母と娘という天倫を断つことができないのは事実」とし「不本意ながら被害を受けた方々に申し訳ない。 強硬な対応により、これ以上こうしたことが繰り返されないように願う」と付け加えた。

ソウル方背(パンベ)警察署は、ハン・ソヒの母親から8500万ウォンを騙し取られたという告訴状が先月25日に届けられ、捜査を行っている。ハン・ソヒの母親であるシン容疑者は2018年2月から2019年9月まで知人Bから高額の利子を支払うとして8500万ウォンを借り、返済しなかった容疑が持たれている。

シン容疑者は6日に公開されたYouTuberイ・ジンホとのインタビューで「未成年者だったので昔は母親が(通帳を)作ることができた。 作っておいて、あの子(ハン・ソヒ)が忘れてしまって私が持っていたが、自分の通帳を使えない状況になった。 そのため数カ月間使用し、それ以降は使わなかった」と説明し「期限内にきちんと返済できなかったのは私の過ちだ。お金を借りて、やっと5500万ウォンを工面した。個人回生や破産申請をせずに一生懸命に返済したい」と述べた。

ハン・ソヒは2020年7月にも母親の借金騒動に巻き込まれた。 当時、ブログで「5歳ごろに両親が離婚することになり、祖母が育ててくれた」とし、「20歳以降、母の債務を知り、子どもである道理から借金を返済したが、デビュー後に母が私の名前を盾に借金をして返済しなかった。自分も知らないうちに書かれた借用証と、自分名義での借金は手に負えないほど膨らんでいた」と打ち明けて、被害者に謝罪の意を表明している。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-07 10:22:21