トップ > エンタメ > スターニュース > 軍人チャン・ギヨンの新しい挑戦 デビュー後初のミュージカル

軍人チャン・ギヨンの新しい挑戦 デビュー後初のミュージカル


  • 軍人チャン・ギヨンの新しい挑戦 デビュー後初のミュージカル
  • HAWFARMS

軍人になった俳優チャン・ギヨンが新しい挑戦を始める。陸軍創作ミュージカル『ブルーヘルメット:メイサの歌』を通じてだ。

チャン・ギヨンは今月18日、ソウル市九老区にあるDキューブアートセンターで開幕するミュージカル『ブルーヘルメット:メイサの歌』に出演する。

『ブルーヘルメット:メイサの歌』は長いあいだ内戦中の仮想の国家カムールとK-POPオーディションが行われる韓国という全く異なる文化を持つ2つの国を背景にしている。

カムールで生まれ育った「ラーマン」を中心に、自分に夢と希望を与えてくれた国連平和維持軍の「メイサ(カムール語で明るい星)」を求めて韓国に来ることになったストーリーを描く。

チャン・ギヨンは友人ユン・ソンホの提案で一緒に派兵を志願し、カムールで経験した一連の事件を通じて変化し成長していく「ヨン・ジュンソク」役を演じ、EXOのチャンヨル、ONFのヒョジンと息を合わせる。

2012年にソウルコレクションでモデルデビューしたチャン・ギヨンは、2014年にSBSドラマ『大丈夫、愛だ』で俳優のタイトルを獲得した。その後『ゴー・バック夫婦』(2017)、『私のおじさん』(2018)、『検索ワードを入力してください:WWW』(2019)、『ボーンアゲイン~運命のトライアングル~』(2020)、『九尾の狐とキケンな同居』(2021)、『いま、別れの途中です』(2021)などに出演し、20代を代表する韓国の俳優へと生まれ変わった。

チャン・ギヨンは昨年8月に軍に入隊した。軍人として挑戦する初のミュージカルで主人公を引き受けることになっただけに関心が集まっている状況。

モデル出身の俳優が軍ミュージカルに出演するというのは見方によってはよく似合わない組み合わせかも知れない。しかし、チャン・ギヨンをよく知っている人なら彼のミュージカル挑戦にうなずくだろう。

チャン・ギヨンは以前の活動を通じて自身の音楽的才能を披露した。彼はかつてKBS2テレビ『歌合戦 勝負』、JTBC『ヒップホップの民族』などの音楽サバイバル番組でも歌手並みの歌とラップの実力を披露したことがある。出演作のOST(オリジナルサウンドトラック)にも直接参加したりもした。

チャン・ギヨンは今月10日、SBSパワーFM『2時脱出 CulTwoShow』に出演し、「もともとダンスと歌が好きだが、今回発声や振り付けなど専門的に初めて接することになった。しかし、先輩たちや同僚たちと一緒に親しくなりながら、一生懸命公演をする準備をしている。本当に楽しんでいる」と感想を伝えた。

退役後のミュージカル出演計画については「目標はそう考えている」と肯定的な反応を見せた。

ミュージカル『ブルーヘルメット:メイサの歌』でチャン・ギヨンの魅力が十分に発揮されることを期待している。デビュー後初めてミュージカルに挑戦するチャン・ギヨンがどんな魅力を見せてくれるのかに注目が集まっている。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-11 16:20:12