トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > チョン・ホヨン、アルフォンソ・キュアロン監督の新作にキャスティング

チョン・ホヨン、アルフォンソ・キュアロン監督の新作にキャスティング


  • チョン・ホヨン、アルフォンソ・キュアロン監督の新作にキャスティング
  • チョン・ホヨン SAG公式SNS

Netflixの韓国ドラマ『イカゲーム』で注目を浴びているチョン・ホヨンがアルフォンソ・キュアロン監督の次回作に合流する。

17日(現地時間)、米国メディアのバラエティは「チョン・ホヨンがアルフォンソ・キュアロンの次回作であるアップルTVプラスのシリーズ『Disclaimer』にキャスティングされた」と報じた。

映画『ゼロ・グラビティ』、『ROMA/ローマ』の脚本、演出などを引き受けたアルフォンソ・キュアロン監督の新作で、ルネ・ナイト(Renee Knight)の同名小説を原作とする。

ケイト・ブランシェットが劇中、尊敬されてきた機関の隠された犯罪を暴露するテレビドキュメンタリージャーナリストのキャサリン・レイブンクロフト役で出演、チョン・ホヨンはキャサリン・レイブンクロフトの助力者であり野心的で勤勉な人物であるKimを演じる予定だ。

このほかケビン・クライン、サシャ・バロン・コーエン、コディ・スミット=マクフィーが出演する。

モデルとして活躍していたが『イカゲーム』を通じて演技者としてデビューしたチョン・ホヨンは家族のためにゲームに参加した脱北者セビョク役を演じ、深い印象を残した。劇中でジヨンを演じたイ・ユミとのビー玉遊びのシーンは多くの人々が名場面に挙げる。『イカゲーム』公開前のSNSフォロワー数は約40万人だったが、なんと2360万人まで増えた。

それだけでなく、米国芸能メディアであるバラエティが発表した「グローバルエンターテイメント業界に影響力を及ぼした女性」に堂々と名を連ねた。フランスのラグジュアリーブランドであるルイ・ヴィトンのグローバルアンバサダーとして活動したり、アジア人として初めて『VOGUE US』2月号のカバーを飾るなど、現在最もホットなアイコンだ。

デビュー作『イカゲーム』のヒットに続きSAG主演女優賞の受賞まで、奇跡のような瞬間を楽しんでいるチョン・ホヨンは現在、米国に滞在して日程を消化中だ。俳優として、ファッションアイコンとして注目されているチョン・ホヨンは昨年、米国最大のエージェンシーの一つであり、ハリウッドスターのブラッド・ピット、トム・ハンクス、メリル・ストリープ、ジョージ・クルーニーなどが所属するCAA(Creative Artists Agency)と契約を締結した。
  • ハン・ヒョンジョン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-18 08:05:38