トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > パク・ヒョンシク&ハン・ソヒ、「サウンドトラック#1」で愛と友情の間のときめきを予告

パク・ヒョンシク&ハン・ソヒ、「サウンドトラック#1」で愛と友情の間のときめきを予告


  • パク・ヒョンシク&ハン・ソヒ、「サウンドトラック#1」で愛と友情の間のときめきを予告
  • The Walt Disney Company (Korea)

パク・ヒョンシクとハン・ソヒがドラマ『サウンドトラック#1』でお茶の間劇場を訪れる。

23日午前、Disney+のオリジナルシリーズ『サウンドトラック#1』の制作発表会が開かれた。新型コロナウイルスの影響でオンラインで生配信された中、俳優のパク・ヒョンシクとハン・ソヒが出席した。キム・ヒウォン監督は新型コロナウイルスの確定判定を受けて参加しなかった。

『サウンドトラック#1』は20年来の親友である2人の男女が2週間1つの家に滞在しながらお互いの心を知っていくミュージックロマンスだ。 『カネの花 ~愛を閉ざした男~』、『王になった男』、『ヴィンチェンツォ』のキム・ヒウォン監督がメガホンを取った。ここにパク・ヒョンシクとハン・ソヒが愛と友情の間の微妙なときめきを描き出す。

ハン・ソヒは「『カネの花 ~愛を閉ざした男~』を監督と一緒に演じた。キム・ヒウォン監督を好きだという気持ちもあり撮影前に監督と話をしたが、楽しくて幸せな現場を作りたいと言ってくれた。私も私のようなキャラクターを表現してみたいという気持ちもあった。監督と気が合ってやることになった。肯定的なパク・ヒョンシク先輩と一緒に出演したい」と出演理由を明らかにした。

パク・ヒョンシクは「自分の話ができなくて残念に思うところだった」と冗談を言い「監督と面白く冗談を言い撮影中ずっと笑いが止まらなかった」と話した。

劇中で写真作家ハン・ソヌ役を演じたパク・ヒョンシクは「僕にはカメラがない。どうやって撮るのか機能的な部分を先に学んだ。照明にも触らなければならないし、それを学ぶために苦労した。思ったより難しかった。写真を撮るのも生まれつきの才能が必要だ。僕は駄目だった。何を撮ってもおかしかった。自分の写真はダメだ」と明らかにした。

  • パク・ヒョンシク&ハン・ソヒ、「サウンドトラック#1」で愛と友情の間のときめきを予告
  • he Walt Disney Company (Korea)

それとともに「ハン・ソヒはとてもきれいで、どうやってもよく撮れていた。変に撮ってみようとしたけどできなかった。無防備状態の時に撮ったんだけど隙がなかった。現場に来た時から準備してきたようだ」と付け加えた。

作詞家のイ・ウンスを演じたハン・ソヒは「知らない感情に対して作詞をしなければならないので愛に対する感情をどうすれば隠喩的に表現できるか考えた。OSTの歌詞があって、その歌詞をどのように受け入れながら書くのか悩んだけど、私が理解してこそ歌詞が書けると思った」と話した。

これを聞いていたパク・ヒョンシクは「現場では作詞家のようだった。頭もかきむしって苦労した」と話した。ハン・ソヒは「視力がいいのに小物として眼鏡を掛けたり髪もセットされているのではなくナチュラルに結ぼうと思った」と冗談交じりで話した。

また、パク・ヒョンシクはハン・ソヒとケミ(相性)について「ハン・ソヒと作品をするとしたら僕たちはどう映るだろうか。どんな絵になるのか気になった。演技の呼吸もどうなるのか気になった。前作は強くてアクションも多くて、このジャンルはどのように消化するのか気になった。一緒にやってみたら彼女は期待される女優だと思う」とし「明るく演技に対する情熱も高く挑戦する姿も素敵だ。僕より年は若いが見習いたい」と話した。

これに対しハン・ソヒは「ヒョンシクさんは性格がいいという話を聞いていた。案の定、とても楽に接してくれた。私は人見知りをして心配したが、ヒョンシクさんが先に声をかけてくれて、いたずらもしてくれた。すごく愛らしい方だ。キム・ヒウォン監督が私たちを愛していると表現した理由に共感した」と話した。

パク・ヒョンシクは片思いをしたことがあるかという質問に対し「片思いをしたことのない人がいるのか。僕は誘いを断られたこともある」と明らかにした。続いて「僕には長く付き合ってる異性の友達がいない。どんな感じなのか隣の友達に聞きながら言った。人を好み、結局はそうした感情を同じではないか」と付け加えた。

パク・ヒョンシク、ハン・ソヒは片思いについても話した。パク・ヒョンシクは「僕が思う片思いはダークチョコレートみたいなものだ。 愛は愛だけど非常に苦くて、ほろ苦いものだと思う」と話した。ハン・ソヒは「私はインスタント食品のようだ。体の調子が悪いことを知りながら仕方なくするのではないかと思う」と付け加えた。

ハン・ソヒは愛と友情のうちどちらを選択するかという質問に「愛を選択する」と答えた。続いてパク・ヒョンシクも「僕もそう思う。一度感情が芽生えると隠すこともできず一生そのように我慢して生きなければならないのではないか。僕は友達とは思えない。そんなことよりは一度だけ告白してみる。その方がいいのではないか」と付け加えた。

最後にパク・ヒョンシクは「最近、ホラー系が多かった。久しぶりにミュージックドラマのロマンスで 『サウンドトラック#1』が放送される。多くの関心と期待をお願いしたい」と話した。
  • ヤン・ソヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-23 12:02:01