トップ > エンタメ > TV・映画 > EXO出身タオ、真夜中に救急治療室へ「心配をかけて申し訳ない」

EXO出身タオ、真夜中に救急治療室へ「心配をかけて申し訳ない」


  • EXO出身タオ、真夜中に救急治療室へ「心配をかけて申し訳ない」
  • スタートゥデイDB

EXO出身のタオ(ファン・ズータオ)が真夜中に救急治療室を訪れファンの関心を集めた。

29日、新浪芸能をはじめとする現地メディアによるとタオは、この日未明、病院の救急室で4~5人とともに目撃された。一緒に公開された写真で黒い野球帽にマスクをつけたタオは診療を受けるため待機中で一行は不安そうなタオの背中を撫でながら安心させている様子だ。

タオはこの日、救急治療室を突然訪れた理由については具体的に伝えられていないが、あるネットユーザーは「CT検査をして点滴を受けた後、帰宅した」と伝えている。

その後、タオは自身の微博で「心配をかけ申し訳ない。点滴を受けて状態がかなり良くなった」とコメントしファンを安心させた。

タオは2012年にEXOのメンバーとしてデビューし活動していたが、2015年4月22日にタオの父親がSMエンターテインメントにタオの脱退を要求して以降、中国に戻り芸能活動を続けてきた。
  • チン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-03-29 21:50:19