トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「39歳」最終回 ソン・イェジン、チョン・ミドのビデオレターに号泣 自己最高視聴率を記録

「39歳」最終回 ソン・イェジン、チョン・ミドのビデオレターに号泣 自己最高視聴率を記録


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「39歳」最終回 ソン・イェジン、チョン・ミドのビデオレターに号泣 自己最高視聴率を記録
  • JTBC

チョン・ミドが贈り物のような一日をプレゼントされ、人生を終えた。

31日夜に韓国で放送されたJTBC水木ドラマ『39歳』(脚本ユ・ヨンア/演出キム・サンホ/制作JTBCスタジオ、ロッテカルチャーワークス)最終回ではチャ・ミジョ(ソン・イェジン)とチャン・ジュヒ(キム·ジヒョン)によって幸せな涙を流したチョン・チャニョン(チョン・ミド)の特別な時間が描かれ、感動を与えた。この日の放送は全国有料放送世帯基準視聴率8.122%と、自己最高視聴率を記録した。

40歳を目前にした3人の友人が友情と恋愛、人生に関する深いストーリーを描いた『39歳』は、「楽しい余命期間」「バケットリスト」というキーワードを通じて他のドラマと異なる感動を与え、3人の友情を最後まで応援する内容だった。

何より、バケットリストを通じて待ちわびていた望みを叶えながらも、不便な真実に向き合う人生の皮肉さと、その中でぶつかり合わなければならないつらさまで、誰も避けて通れない私たちの人生を反映して共感を誘った。

それに加えて本物の友情を見せてくれた女優ソン・イェジン(チャ・ミジョ役)、チョン・ミド(チョン・チャニョン役)、キム・ジヒョン(チャン・ジュヒ役)の繊細な演技力とヨ・ウジン(キム・ソンウ役)、イ・ムセン(キム・ジンソク役)、イ・テファン(パク・ヒョンジュン役)など、キャラクターにすっかり染まった俳優たちの熱演が感動を倍増させた。

  • 「39歳」最終回 ソン・イェジン、チョン・ミドのビデオレターに号泣 自己最高視聴率を記録
  • JTBC

この日の最終回では、苦痛にもだえるチョン・チャニョンの姿がスタートから胸を締め付けた。日増しにやせていくなど病状はさらに悪化し、誰もが耐え難い時間を過ごす。死が現実のものとなると、チョン・チャニョンは訃告リストをチャ・ミジョ(ソン・イェジン)に渡した。チャ・ミジョの胸は張り裂ける思いになった。

そんな中、ブランチカフェに来たチョン・チャニョンは、懐かしい昔の友達を見つけるなり、ここにいる人たちはみんな知り合いだということに気づいた。他でもない、自分が渡した訃告リストをチャ・ミジョとチャン・ジュヒ(キム・ジヒョン)がブランチリストにして皆を呼び集めたからだ。チョン・チャニョンがご飯を一緒に食べたいと思う友人たちが一堂に会した。おかげで最後の挨拶をすることになったチョン・チャニョンは「充実した人生だった」と伝えた後、春の日、遠くへ旅立った。

チョン・チャニョンが旅立った後、チャ・ミジョとチャン・ジュヒは「チャニョンの両親の誕生日に楊平に行く」「健康診断に気をつける」「2週間に1度キム・ジンソク(イ・ムセン)とサムギョプサルに焼酎を飲む」など、チョン・チャニョンとの約束を守り40歳を過ごした。依然としてチョン・チャニョンのいない時間に慣れないが、彼女が残した役割を補うことで、寂しさをまぎらわした。

いつの間にか皆が待っていたチョン・チャニョンが出演した映画も公開されたが、チャ・ミジョは映画を見る決心がつかなかった。公開したら点数をつけることにしていたが、とりわけこの約束だけは難しかった。そんな彼女に、チャン・ジュヒは生前、チョン・チャニョンに頼まれた贈り物を渡した。カードに書かれた文字だけを見ても、チョン・チャニョンが送ったものであることを知ったチャ・ミジョは、胸の高鳴りを抑え、彼女が残したビデオレターを開いた。

映像の中のチョン・チャニョンの手紙には、高尺駅で初めて出会った18歳のミジョを回想しながら、40歳の安否、特別な葬儀に対する感謝、先に旅立った申し訳なさと無念さなど、切なさが感じられた。続いて「私にとってあなたは…とても親密でとても大切な存在。私もあなたを親愛している」と生前言い残したことを伝えた。涙が溢れた顔で笑っているチョン・チャニョンと、号泣するチャ・ミジョの姿が、哀しくも美しく描かれた。

チャ・ミジョは思ったより元気に暮らしている40歳の人生を淡々と伝え、「何歳ぐらいになればあなたのいない時間に慣れるだろうか。そんな日は来ないかもしれない。3人だった私たちが2人になってあなたを恋しがっている。チャニョン、会いたいよ」と手紙の返事を締めくくった。チョン・チャニョンが眠っている納骨堂をゆっくり歩いていく残された2人の友人、チャ・ミジョとチャン・ジュヒのおぼろげな後ろ姿を最後に幕を下ろした。

一方、ドラマが終わった日、ソン・イェジンはヒョンビンと結婚式を挙げた。『39歳』はソン・イェジンのシングル最後の作品となった。
  • ジン・ヒャンヒ スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-01 07:48:14