トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ソ・ジソブ&シン・ソンロク&イム・スヒャン、『Dr. Lawyer』に出演決定 5月27日に初放送

ソ・ジソブ&シン・ソンロク&イム・スヒャン、『Dr. Lawyer』に出演決定 5月27日に初放送


  • ソ・ジソブ&シン・ソンロク&イム・スヒャン、『Dr. Lawyer』に出演決定 5月27日に初放送
  • MBC

ソ・ジソプ、シン・ソンロク、イム・スヒャンが『Dr. Lawyer』への出演を決めた。

MBCの新金土ドラマ『Dr. Lawyer』(脚本:チャン・ホンチョル/演出:イ・ヨンソク)が5月27日に初回放送を確定した。

『Dr. Lawyer』は、ある手術によってすべてを奪われ弁護士になった天才外科医と医療犯罪専担部の検事のメディカルサスペンス法廷ドラマだ。『潜入弁護人〜Class of Lies〜』の作家チャン・ホンチョルと『アチアラの秘密』のイ・ヨンソク監督が意気投合した作品でソ・ジソブ、シン・ソンロク、イム・スヒャンのキャスティングが5日に公開された。

ソ・ジソブは劇中の医療訴訟専門弁護士になって戻ってきたダブルボード(2つの専門医の資格を保有)天才外科医ハン・イハン役を演じる。ハン・イハンは、ずば抜けた実力に人間的な魅力まで備えた「エース検事」と呼ばれた人物だ。ある事件をきっかけに人生が根こそぎ揺らいだハン・イハンが、5年ぶりに弁護士になって戻ってきて悽絶でスリルのあるカタルシスを披露する。『Dr. Lawyer』で4年ぶりにお茶の間劇場に登場するソ・ジソブが見せる強力なカリスマと深みのある演技が期待される。

シン・ソンロクは劇中でロビーと投資を専門とする企業アナスハンドのアジア支部長ジェイデン・リを演じる。ジェイデン・リは成功とスリルのためなら危険にも喜んで身を投じる、心臓に熱い血が流れる在米韓国人3世だ。どんな作品、どんなキャラクターに出会っても彼ならではの演技で完璧に消化する俳優シン・ソンロクが絶対的な権力を持っていること以外にはベールに包まれているため、もっと知りたくなる魅力的なキャラクタージェイデン・リーをどのように描くかが注目される。

イム・スヒャンは劇中でソウル中央地検の医療犯罪専担部の検事クム・ソギョン役を演じた。クム・ソギョンは「犯罪者の更生は処罰から生まれる」という確固たる信念を持った検事だ。同時に罪のない被告人のために弁護士よりも積極的に罪がないことを証明する人間味まで備えた人物だ。

『Dr. Lawyer』は5月27日、午後9時50分に初放送される。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-05 14:13:18