トップ > エンタメ > スターニュース > ソン・ガン、「Netflixの息子」簡単に得られないニックネームに感謝

ソン・ガン、「Netflixの息子」簡単に得られないニックネームに感謝


  • ソン・ガン、「Netflixの息子」簡単に得られないニックネームに感謝
  • @star1


  • ソン・ガン、「Netflixの息子」簡単に得られないニックネームに感謝
  • @star1


  • ソン・ガン、「Netflixの息子」簡単に得られないニックネームに感謝
  • @star1


  • ソン・ガン、「Netflixの息子」簡単に得られないニックネームに感謝
  • @star1

俳優のソン・ガンが『@star1』5月号のカバーを飾った。

ソン・ガンは今回のグラビアでシックな表情演技とフォトジェニックなポーズで多彩な雰囲気をすべて消化しドラマの中で見せてくれた明るいイメージとは少し違う魅力を披露した。

JTBC『気象庁の人々: 社内恋愛は予測不能?!』の中で愛に直進する率直な気象庁特報担当のイ・シウ役を演じ甘い社内恋愛でロマンス強者の座に躍り出たソン・ガン。相手役として一緒に過ごしたパク・ミニョンとの呼吸について彼は「最初の出会いから相性がよく合うだろうという強い信頼があった」という言葉で演技に対する確信を伝えた。

特にソン・ガンはパク・ミニョンと一緒に演技しながら「たくさん学んだ。相手の俳優と呼吸はもちろん、どんなジェスチャーをすれば視聴者に感情がよく伝わるか、たくさん悩んだ」という言葉で俳優間のコンビネーションはもちろん演技的に一緒に成長できた肯定的な面まで見せた。

続いてソン・ガンに劇中のイ・シウと似ている点を尋ねると「清くて純粋な点が似ている」と答えた。彼は「監督にシンクロ率100%と言われるほど、これまで演じた人物の中で最も似ているようだ。ただ僕はイ・シウのように上司や同僚に自分の主張を強くアピールする方ではない」とし「上の人たちの顔色を全く見ない姿に「こうしてもいいのかな?」と思った場面もあった」と笑い混じりの返事を付け加えた。

初主演作だったNetflix『恋するアプリ Love Alarm』シーズン1と2に続き、『Sweet Home -俺と世界の絶望-』まで相次いでNetflixシリーズに出演し多くの海外ファンに注目され始めたソン・ガン。「Netflixの息子」というニックネームまではできた彼は「簡単に得ることのできないニックネームなので面白くて感謝している」と感想を伝えた。加えて「『恋するアプリ Love Alarm』以降も多くの作品をNetflixと共にしているので格別な親密感が生まれた」という言葉で愛情のこもった挨拶を残した。

最後に演技をしながら受けた多様なフィードバックの中で記憶に残るものはあるかという質問にソン・ガンは「すべての評価が記憶に残り、土台になってくれる」と答え「特にフィードバックを見る時は僕をより客観化させる。常に滋養分にしようとして悩んでいる」という言葉で依然として演技者として努力していることを示した。

演技においては「前後を測らず直進」を叫びたいという俳優ソン・ガンとのグラビアとインタビューは『@star1』マガジン2022年5月号で見られる。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-18 14:11:12