トップ > エンタメ > スターニュース > キム・ゴウン主演「ユミの細胞たち」シーズン2 韓国で6月に公開

キム・ゴウン主演「ユミの細胞たち」シーズン2 韓国で6月に公開


  • キム・ゴウン主演「ユミの細胞たち」シーズン2 韓国で6月に公開
  • TVING

『ユミの細胞たち』シーズン2が眠っていたプライム細胞を再び覚醒させる。

TVINGオリジナルシリーズ『ユミの細胞たち』シーズン2が26日、ユミ(キム・ゴウン)と細胞たちの帰還を知らせるティーザーポスターを公開した。平凡だからさらに特別なユミの日常とともに、細胞村で繰り広げられる新しい話に期待が高まる。

昨年9月、TVINGとtvNを通じて同時公開された『ユミの細胞たち』は細胞と一緒に食べて恋して成長するユミの話を愉快かつリアルに描き出して愛された。

韓国で初めて試みられた実写と3Dアニメーションの組み合わせは、原作ウェブトゥーンの魅力を一層アップグレードさせたのはもちろん、リアルさまで活かして好評を博した。

ドラマフォーマットの進化と評価された『ユミの細胞たち』。細胞の擬人化という奇抜な想像力の上に加わった現実的なストーリー、ユミの感情をそっくりそのまま移した頭の中の細胞村はユニークな面白さを感じさせ、共感を誘った。これにシーズン2でまたどんな変化と成長で感動を与えるのか期待が集まっている。

そんな中で公開されたティーザーポスターは『ユミの細胞たち』シーズン2へのときめきを誘う。まずトレードマークであるボブヘアから卒業したユミの成熟したビジュアルが視線をひきつける。ここにユミのプライム細胞(人を代表する細胞)である恋愛細胞とともに出撃した作家細胞の存在も興味深い。相変わらず優しくラブリーな細胞村のセンターである恋愛細胞とユミが諦めていた夢を育てていく作家細胞、夢と愛をつかさどる二つの細胞の間でほほ笑みを浮かべるユミの姿はシーズン2への好奇心を刺激する。

キャラクターの魅力を引き出して「現実版ユミ」を完成させたキム・ゴウンの熱演も続く。昨シーズンで平凡な職場のユミはク・ウン(アン・ボヒョン)との恋愛と別れを通じて成長し、職場の仲間バビ(ジニョン)に勇気をもらって新しいことにも挑戦した。シーズン2では夢と恋の境界に立ったユミと細胞の物語が描かれる予定だ。

TVINGオリジナルシリーズ『ユミの細胞たち』シーズン2は来る6月、TVINGで単独公開される。
  • シン・ヨンウン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-04-26 10:21:03