「王の顔」ソ・イングク、イ・ソンジェ等出演俳優の台本リーディング現場公開

KBS2 ドラマ「王の顔」 

「王の顔」初台本リーディング現場が公開された。

制作陣はKBS2新水木ドラマ「王の顔」俳優たちの台本リーディング現場写真を14日披露した。「王の顔」初台本リーディングは先月、汝矣島KBS別館にて進行された。この日の現場にはソ・イングク、イ・ソンジェ、チョ・ユニ、キム・ギュリ、イ・スンジェ、キム・ミョンゴン、アン・ソクファン、チュ・ジンモ、イ・ビョンジュンなどが参加した。

ソ・イングクは今回のドラマで覇気と人間味溢れる世子光海役を担う。イ・ソンジェは複雑な内面を持った宣祖を演じる。二人は今回のドラマで父子として演技の呼吸を合わせる。チョ・ユニは光海と宣祖、二人の愛を同時に受けるキム・ガヒに変身する。ムン・ボヒョンドラマ局長は「『王の顔』は野心を持って準備してきた下半期最高の期待作」だとし「物心両面でサポートするのでドラマを通じて良い思い出を積んでもらいたい」と伝えた。

「王の顔」は庶子出身で世子の座に上り血なまぐさい臭いのする戦争の狭間でついに王の座にそびえたつことになる光海の波乱万丈の成長記と一人の女性を置いた三角関係となる父宣祖と息子光海の悲劇的な愛を描いたドラマだ。来月中旬の放送を予定している。
  • シークニュース パク・ヘラン インターン記者/写真=KBS「王の顔」
  • 入力 2014-10-14 09:39:35