トップ > エンタメ > K-POP > OH MY GIRL、 デビュー7周年記念のファンミーティングが大盛況

OH MY GIRL、 デビュー7周年記念のファンミーティングが大盛況


  • OH MY GIRL、 デビュー7周年記念のファンミーティングが大盛況
  • WMエンターテインメント

「コンセプト妖精」のOH MY GIRLがデビュー7周年記念のファンミーティングを成功させた。

OH MY GIRLは先月30日、光云(クァンウン)大学東海(トンヘ)文化芸術会館大講堂で「ミラクルインターナショナル 7周年創立記念日by.マーケティングチームOH MY GIRL」を開きファンに会った。

同日の公演ではキャリアウーマンの姿で登場したOH MY GIRLのデビュー曲「CUPID」で嬉しい挨拶を伝えながらスタートを切った。久しぶりに開かれた対面公演に感極まる感想を伝えたOH MY GIRLは、独歩的なコンセプトに変身し社会人の格好で愉快なトークを交わしながら観客たちと話した。

続くステージではファンの多くの愛を受けた様々な活動曲のステージで熱気をさらに高めた。特に、第1回目で「Flower Tea」と「Dear you」のステージを、第2回目で「Swan」と「Real World」のステージで回別セットリストの一部を変えて見どころ満載のステージに披露した。

今回のファンミーティングのために特別に準備したソロとユニットパフォーマンスも披露した。コンセプトのストーリーテリングとともに2PMの「My House」、キム・ヒョナ&DAWNの「PING PONG」、ソン・ダムビの「Crazy」、Beenzinoの「Break」、Dynamic Duoの「Guilty」、クォン・ジナの「Fly away」など、これまでの活動ではなかなか見られなかったギャップの魅力まで見せてくれた。

  • OH MY GIRL、 デビュー7周年記念のファンミーティングが大盛況
  • WMエンターテインメント

さらに様々なコーナーやゲームまで実施し多彩な見どころを提供した。昨年、別名「コムヌンミョン(カムバックしても目をつぶってあげられる名曲)」で多くの愛を受け、再ブームを起こした「一歩二歩」、OH MY GIRLだけのエネルギーを込めた「PLAYGROUND」、ロックバージョンに編曲して強烈さを加えた「Guerilla」、最近発売した2ndフルアルバムの収録曲「Drip」とタイトル曲「Real Love」などを披露し雰囲気を盛り上げた。

公演の末尾、OH MY GIRLは「このようにMIRACLE(公式ファンクラブ名)の歓声を聞くと3年間のもどかしさと悔しさが一気に解消された。今この瞬間がとても幸せで、これからも幸せなことだけが残ったと思うととても嬉しい。3年間変わらずその場にいてくれて本当にありがとう。これからも一生一緒にいよう」と感想を伝えた。

それだけでなく「実はこのようにファンの方々に直接会って公演する席が珍しくなったので普段とは違ってすごく緊張した。しかし、実際にステージに立ってみると、MIRACLEがいるということ自体が私たちにとってとても心強い。皆さんのおかげで毎日1人ではないと感じながら生きている」とファンへの熱い愛情を示した。

また「私はもともと喉がよくかれないが今日は喉がかれた。私がここまで熱唱できた原動力も、やはりみんなMIRACLEのおかげだ」とし「歌が好きで始めたが、デビュー前には見た目の良いものを夢見てきたりした。しかしデビュー後、MIRACLEたちに会ってからは「私たちを守る歌手になろう」という考えしかなかった。これからもMIRACLEが心配なく満足できる歌手になれるよう頑張りたい」と付け加えた。続いて第1部では「Dear Rose」、「B612」、第2部では「Etoile(Korean version)」、「Krystal」でアンコールステージの余韻を残し公演のフィナーレを飾った。
  • パク・セヨン スタートゥデイ記者
  • 入力 2022-05-02 11:59:53